検査課のご案内

 ご挨拶

%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e8%aa%b2%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

検査課は、診療支援部門の一つとして心電図検査、肺機能検査、超音波検査などの生理検査と輸血管理を中心に行っています。
検体検査は、POCT(臨床現場即時検査)を導入しています。また、院内に365日、緊急検査に特化した外注の検査センターを設け、救急患者・緊急手術等にも迅速に対応しています。システム面では、電子カルテ・各検査機器・輸血管理・検査センターがオンライン化され、安全かつ迅速に検査データが診療側に提供されています。
私たちは「正確・迅速・丁寧」な検査を行うことを基本方針として掲げ、患者様の診療に貢献できるよう日々努めています。

業務(検査機器)紹介

心電図検査

心電図

【目的】不整脈や狭心症、心筋梗塞など、脈のリズムの異常や胸の違和感・痛みの原因を調べる検査です。

【方法】心臓の拍動によって生じる電気的活動を波形として記録します。検査はベッドに仰向けになり、両手首、両足首と胸に電極を取り付けます。

【検査時間】約3分

ホルター心電図検査

  • ホルター心電図
  • ホルター心電図

【目的】通常の短い心電図検査では異常が検出しにくい不整脈などを調べる検査です。
記録された波形はコンピュータで解析し、不整脈などの治療・診断に用いられます。

【方法】検査は小型の器械を装着し普段どおりの生活をしていただき、最長24時間心電図を記録します。

【検査時間】最長24時間

運動負荷心電図検査

  • %e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%ab
  • %e3%82%a8%e3%83%ab%e3%82%b4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

【目的】機器を使って運動していただき、心拍数をあげて安静時の心電図検査では検出しにくい狭心症や不整脈などを調べる検査です。

【方法】検査はベルトコンベアの上をベルトが動く速度に合わせて歩いたり走ったりします。
また、膝などが悪くて走る事が困難な場合は、自転車のようにペダルを漕いでいただくものもあります。検査中は装着していただいた心電図と血圧の変化を観察しながら記録します。

【検査時間】運動している時間は約10分です。準備から終了までは約30分です。

 血圧脈波(CAVI/ABI/TBI)検査

%e8%a1%80%e5%9c%a7%e8%84%88%e6%b3%a2

【目的】糖尿病など動脈硬化症の診断に用いられます。

  • CABVI(Cardio Ankle Vascular Index)心臓足首血管指数
    心臓から足首までの動脈の硬さを測定時の血圧に関係なく評価します。
  • ABI(Ankle Brachial Pressure Index)足首上腕血圧比
    下肢動脈の狭窄・閉塞を評価します。
  • TBI(Toe Brachial Pressure Index)足趾上腕血圧比
    動脈の石灰化の影響でABIが正確に評価できない場合などに検査します。

【方法】両腕・両足首(足趾)の血圧と脈波を測定します。

【検査時間】約10分

肺機能(スパイログラム)検査

スパイログラム
【目的】肺活量(肺の大きさ)と努力性肺活量(気道の状態)をみる検査です。
手術前の呼吸器(気道や肺)の働き具合をみたり、呼吸器の病気が疑われる場合に行います。

【方法】検査は鼻をノーズクリップではさみ、マウスピースをくわえて口のみで呼吸します。
肺活量は息を最後まではいた後にいっぱい息を吸い込み肺の容量を測定します。
努力性肺活量は息をいっぱい吸い込んだあとに、勢いよく一気にはき出した状態を測定します。

【検査時間】約5~10分

脳波検査

脳波

【目的】てんかんやけいれん・意識障害の診断に用いられる検査です。

【方法】脳が活動する際に生じる微弱な電流を波形として記録します。
頭部に電極を取り付け、検査ベッドに仰向けになり目を閉じます。検査中はリラックスしていただき、途中で目を開けたり閉じたり、過呼吸(3分間の深呼吸)や光刺激(点滅)を行い、異常な波形が生じていないかを調べます。

【検査時間】約30分

神経伝導検査

%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e4%bc%9d%e5%b0%8e%ef%bc%92%e4%bf%ae%e6%ad%a3

【目的】手根管症候群や肘部管症候群など神経に障害の疑いがある場合や、その診断に用いられる検査です。

【方法】筋肉と腱に皮膚上から電極を貼り、神経に微弱な電気を流し、そのときに得られる波形を記録します。

【検査時間】約30~60分

超音波検査

  • エコー
  • エコー

【目的】心臓や腹部、下肢静脈などに異常がないかを調べる検査です。 【方法】超音波を出す探触子を対象とする臓器に体表から当て、その反射された信号を画像で記録します。

【検査時間】約30分

  • 当院で施行している主な超音波検査
    心臓、下肢静脈、腹部、頚動脈、甲状腺、関節、胎児、FAST

その他の検査

ハイブリッドER
  • 検体検査:POCT(血液ガス、インフルエンザ、ノロ、トロポニン、薬物中毒検出など)
  • 採血
  • 出血時間、凝固時間
  • 健診:視力検査、聴力検査
  • 心臓カテーテル(ポリグラフ)、術中神経モニタリング

輸血管理

  • 輸血保管庫
  • 輸血管理システム

厚労省の指針に基づき、安全な輸血療法が行えるよう以下の管理体制をとっています。

  • 輸血管理室での血液製剤の一元保管
  • 電子カルテと輸血管理システムのオンライン化
  • 監視システムによる血液保管庫の温度管理

緑泉会グループ

  • 法人概要
  • 整形外科米盛草牟田クリニック
  • 整形外科 米盛中央クリニック
  • リハビリテーション病院 米盛
  • まろにえ老人保健施設
  • マロニエ訪問介護ステーション「護国」
  • 米盛病院 居宅介護支援事業所
  • 医療福祉連携室
  • 看護局
  • 部門紹介

胎児診断外来のご案内

遺伝カウンセリングのご案内

医師リクルートのご案内

リハ広域支援センター

米盛病院Facebook 米盛病院Facebookアカウント
米盛病院ER
米盛病院OR

スマートフォンサイト QRコードからアクセス頂けます。
QRコード