診療科案内

消化器内科

消化器内科

  • 腹痛や心窩部痛(みぞおち辺りの痛み)、便秘や下痢、胸焼け、吐血、下血・血便など、消化器系の症状が生じることは少なくないと思います。消化器内科ではこれらの症状でお困りの方や、症状はなくとも検診で再検査や精密検査が必要となった方などの診療を行います。
    主な疾患としては、逆流性食道炎や慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、総胆管結石、大腸ポリープなどが挙げられます。大腸ポリープの切除や総胆管結石の除去など、内視鏡(胃カメラ、大腸カメラ)を使った治療も行っております。

治療や検査に使用する胃カメラは、できるだけ患者さまのご負担が少ないよう、鼻から挿入するタイプの胃カメラ(経鼻内視鏡)を標準的に使用しています(標準的には経鼻内視鏡を使用しておりますが、医師の判断で経口内視鏡を使用させていただくこともあります。どちらかご希望がありましたら、予約の際にお伝えください。)。
また、急性膵炎や急性胆管炎など、救急外来を受診された患者さまの消化器系疾患にも対応します。消化器系の疾患でも外科的な手術が必要な場合は、外科・消化器外科、救急科などと連携して迅速な処置に繋げていきます。
入院診療につきましては、一般外来、救急外来で受診された結果入院となった患者さまに加え、大腸検査、あるいは大腸ポリープ切除などを受けられた方のうち日帰りでは不安がある方の一泊入院も受け入れております。
救急で来られた患者さまの対応はもちろんのこと、胃瘻造設や内視鏡検査・治療なども積極的に行っております。消化器系の症状や疾患でお困りの際は、毎週月曜日の外来にて診療させていただきますので、ぜひ当科へご相談ください。

 

医師紹介

TOP