診療科案内

血管外科・心臓血管外科

血管外科・心臓血管外科

2017年7月より診療を開始しました。24時間365日、救急科や循環器内科などと連携しながら心臓・大動脈・末梢血管外科関連の患者さんを受け入れ、地域医療の中核病院としての役割を果たし、鹿児島の皆様に頼りにされるようなチーム医療を目指しています。当科では、通常行われている胸やおなかを切って行う(開胸・開腹)心臓および大動脈手術のほかに、特に大動脈瘤・大動脈解離に対しては、ステントグラフトを用いた体への負担が少ない手術を行っています。患者さんの手術前の健康状態や生活環境、そして患者さんやご家族のご希態に合わせて慎重に手術方法を検討しています。そのため身体に負担のかかる大きな手術のみに固執するのではなく、カテーテル・血管内治療などを含め、さまざまな手術方法を提示させて頂き、ご家族ともご相談の上、お一人おひとりに適した治療法を選択しています。
重症心不全を含めた心臓血管関連入院の際には、内科的および外科的加療に加え、理学療法士による早期リハビリにより、一日も早い快復退院を目標としています。チームとして「当院で治療を受けて良かった」と思っていただけますように、患者さんのための、質の高い、手術を含めた入院生活が送れますように努めています。

TOP