症例紹介

首(頚椎)

脊椎

頚椎症性脊髄症/頚椎症性神経根症

加齢などの原因により椎体の変形、椎間板の変性や狭小化に伴い、脊柱管の空洞が狭くなり発症します。
脊髄が圧迫される場合(頚椎症性脊髄症)と脊髄神経が圧迫される場合(頚椎症性神経根症)があります。

症状
上下肢の神経麻痺、四肢の痛み・痺れ・痺れ・筋力低下などがあります。
治療
  • 保存的療法
  • 頚椎カラー
  • 薬物療法、牽引療法、理学療法
  • 手術(棘突起縦割法、椎弓片開き法)
治療イメージ

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎では、生理的負荷が少ないこと、髄核の量が少ないこと等から腰椎椎間板ヘルニアに比べると発症頻度は少ないと言えます。
しかし頚椎脱臼骨折などの急性外傷に合併したヘルニアでは、重篤な脊髄損傷を生じる場合もあります。

症状
通常の頚椎椎間板ヘルニアの場合は、脱出しているレベル部位や圧迫の状態で様々な症状が出現します。
側性もしくは両側性の上下肢の疼痛、知覚障害、運動障害等があります。
症状
  • レントゲン
  • MRI
検査イメージ
治療
  • 保存的療法
  • 手術

腰(腰椎)

脊椎

腰部脊柱管狭窄症

神経の通り道である「脊柱管」が何らかの原因により狭くなり、それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下することで発生します。
神経がおしつぶされている
症状
歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)が見られます。
安静にしている時には、ほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももや膝から下が次第にしびれてきます。また休むと症状が和らぎます。
検査
  • レントゲン
  • MRI
  • 脊髄造影

腰椎変性すべり症

腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、神経が圧迫を受け発症します。
滑って脊柱管を狭くする
症状
「腰部脊柱管狭窄症」と同じような症状がでます。
検査
  • レントゲン
  • MRI
治療
  • 保存的治療(リハビリなど)
  • 外科的治療(手術)
脊椎固定術

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板の中身の一部が脊柱管に飛び出て神経を圧迫することにより発症します。
※「ヘルニア」とは、体内の臓器などが本来あるべき部位から脱出した状態を指します。
(wikipediaより)
饅頭からあんこがブニッとでているイメージ
症状
腰や臀部(お尻)、下肢(足)にまで痛みが走り、力が入りにくくなります。
検査
膝を伸ばしたまま下肢を挙上し坐骨神経通があるのか(SLRテスト)、また下肢の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱くなっていないか等の診察を行います。
  • レントゲン
  • MRI
下肢挙上テスト
治療
・保存的治療(リハビリなど)
・外科的治療(手術)

脊椎圧迫骨折(胸椎・腰椎圧迫骨折)

尻もちなど比較的弱い外力によって脊椎が骨折した状態です。
骨折イメージ
症状
多くが背部の疼痛を伴い、寝たり起きたりする動作で強い痛みを感じます。
検査・治療
・レントゲン
・保存的治療(リハビリなど)
・外科的治療(手術)
手術
手術は全身麻酔でうつ伏せの状態で行います。
検査イメージ

手術イメージ動画

PLIF(腰椎後方推体間固定術)
腰椎変性すべり症などの不安定になった腰椎を正常な位置で固定する手術です。また、腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアでも病状により腰椎を固定する場合があります。
腰痛の軽減と脊椎の位置を正常に戻すことが期待されます。

股 骨盤イメージ

変形性股関節症

足の付け根の関節軟骨が加齢と共に次第に磨り減り、変形してきます。
発症要因としては、生まれつきの股関節の形態異常(先天性臼蓋形成不全症)や幼少期の病気の後遺症が可能性としてあります。また加齢や活動量、体重なども股関節の変形を来しやすいです。
軟骨が磨り減り、大腿骨頭が変形。健康なほうの足と比べ長さが短くなります。
症状
初期は、立ち上がりや歩き始めの際、脚の付け根に痛みを感じます。症状が進行すると常に痛みを感じはじめ、就寝中も痛みで目が覚めたりします。日常生活でも股関節の動きが悪いため足の爪を切るなどの動作が困難になってきます。
末期になると変形により足の長さも短くなり歩きにくくなります。
検査・治療
  • レントゲン
  • 保存的治療
  • 外科的治療(手術)
検査イメージ

手術イメージ動画

THA(人工股関節置換術)
加齢に伴う変形などにより傷んだ股関節を、人工股関節に入れ替える手術です。入れ替えることにより、股関節の痛みを取り、動き(可動域)を良くすることが期待されます。また下肢長差を矯正します。
当院では、昨年は年間で手術件数156件(平成24年1月~12月)の実績があります。

股 骨盤イメージ

変形性膝関節症

膝関節表面の軟骨が老化や使いすぎなどにより変性し、弾力性を失って消耗し、骨が変形してきます。
軟骨が磨り減り、大腿骨頭が変形。健康なほうの足と比べ長さが短くなる。
症状
初期は、膝の違和感や歩行時や動き始めの膝痛があります。
中期になると、膝を完全に伸ばしたり曲げたりできません。膝に水が貯まりやすくなってきます。
末期になると、少し歩くだけでも膝痛があり、日常生活の動作が不自由となってきます。
検査・治療
  • レントゲン
  • 保存的治療
  • 外科的治療(手術)
検査イメージ

手術イメージ動画

TKA(人工膝関節置換術)
加齢に伴う変形などにより傷んだ膝関節を、人工膝関節に入れ替える手術です。入れ替えることにより、膝関節の痛みを取り、動き(可動域)を良くすることが期待されます。また、下肢の変形(O脚・X脚)を矯正します。
当院では、昨年は年間で手術件数254件(平成24年1月~12月)の実績があります。

骨折

脊椎圧迫骨折(胸椎・腰椎圧迫骨折)

尻もちなど比較的弱い外力によって老人の背骨が骨折することを脊椎圧迫骨折といいます。ほとんどが骨粗鬆症に起因して生じるものです。

症状
多くが背部の疼痛を伴い、寝たり起きたりする動作で強い痛みを感じます。いくつもの場所に多発性に圧迫骨折が生じると背中が丸くなり(円背)、身長が低くなります。背中が曲がるだけでなく、食事の際に胸がムカムカするなど日常生活での困りごとが多くなってきます。

レントゲン検査やCT,MRIといった精密検査で診断が可能です。当院では上記以外の脊椎疾患についても治療、手術を行っています。

治療
健康寿命に含まれない寝たきりの生活を予防することが重要ですが、起こってしまった椎体骨折に対し安静、コルセット、ギプスを中心とした保存的治療がまず行われます。
腰痛や背骨の変形が強く残存し、遅発性の神経麻痺症状が出てしまった場合は、椎体の間を金属で固定する治療(脊椎固定術)や、椎体内に骨セメントや人工骨を充填する治療(椎体形成手術)が有効である胸腰椎圧迫骨折もあります。

経皮的椎体形成術(BKP)

手術の内容
当院では2010年2月に厚生労働省の承認を得た経皮的後弯矯正手術(Balloon Kyphoplasty:BKP)を2005年から行ってきました。(2005年~2009年治験)
合併症がこれまでの椎体形成手術より20%以下になり、全世界で70万件以上の症例が行われています。当院は海外でトレーニングを受けた指導医がおります。(2012年2月現在)
圧壊した椎体を風船で膨らませた後、骨セメントを注入する治療で、低侵襲で後弯を矯正することができます。各1cm程度 左右2ヶ所の皮膚切開から行い、手術時間は30分、術中出血量も10g程度です。翌日から歩行可能で、ほとんどの症例で腰背部痛は改善しています。保存的治療が無効で、強い腰背痛が残存している場合が適応となりますが、全身麻酔下、安全や合併症を考慮し適応についての細かいルールがあります。

第3腰椎脊椎圧迫骨折 レントゲン腰椎側面にてL3椎体の圧迫骨折を認める 術後レントゲン 経皮的椎体形成手術(Balloon Kyphoplasty:BKP)施行

骨粗鬆症

骨粗鬆症低骨量と骨組織の微細構造の異常を特徴とし、骨の脆弱性が増大し、骨折の危険性が増大する疾患と定義され、簡単にいうと、骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなる病気です。





 

骨粗鬆症患者数:1400万人(男性300万人/女性1000万人)
骨粗鬆症は圧倒的に女性に多い病気です。閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、70歳になると10人に7人が骨粗鬆症と言われています。
これは、女性ホルモン(エストロゲン)が骨の新陳代謝に関わっているからです。その他、年齢や遺伝的な体質、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒、運動習慣なども骨粗鬆症の原因として考えられており、最近では、若い女性の骨粗鬆症も問題となっています。

骨粗鬆症年代別患者数

骨折
骨折の中でも特に、太ももの付け根の骨折が「寝たきり」になりやすいといわれており、その骨折の多くは転倒によるものと言われています。特に女性の場合、年齢とともに骨折の頻度は高くなっています。骨粗鬆症で1度骨折をおこすと、次々と骨折をおこす危険が大きくなります。太ももの付け根を骨折したことがある60歳代の女性が、5年以内に再度骨折をする危険性は、骨折をしたことのない女性に比べ、16.9倍も高くなります。背骨の骨折を1度おこすと、1年以内に5人に1人が再び骨折をおこすとといわれています。さらに骨粗鬆症は寝たきりになる確率を1.83倍高めます。 
背骨の圧迫骨折 手首の骨折 太ももの付け根の骨折
背骨の圧迫骨折 手首の骨折 太もものつけ根の骨折
要介護の主な原因
骨粗鬆症による骨折は、「生活の質」の低下につながります。
厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、介護が必要になった主な原因の9.4%が骨折・転倒によるものです。
要介護の主な原因

 

当院での骨粗鬆症が原因とする骨折に対する手術例 
橈骨遠位端骨折に対するプレート固定術 大腿骨近位部骨折に対する髄内釘挿入術 大腿骨近位部骨折に対する人工骨頭挿入術
橈骨遠位端骨折に対する
プレート固定術
大腿骨近位部骨折に対する
髄内釘挿入術
大腿骨近位部骨折に対する
人工骨頭挿入術
胸腰椎椎体骨折に対する椎体形成術(インステトゥルメント併用) 胸腰椎椎体骨折に対する経皮的椎体形成術(BKP)
胸腰椎椎体骨折に対する椎体形成術
(インストゥルメント併用)
胸腰椎椎体骨折に対する
経皮的椎体形成術
(BKP)
骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組み
当院では2014年より、脆弱性骨折の予防と治療に関わる活動をサポートする目的で骨粗鬆症リエゾンサービス委員会を立ち上げました。
当委員会は医師(整形外科/骨粗鬆症学会認定医)、看護師(外来/病棟)、薬剤師、理学療法士、放射線技師、医療福祉連携室(MSWなど)、管理栄養士の多職種で構成されています。
骨粗鬆症学会の認定した骨粗鬆症LM(リエゾンマネージャー)の資格を取ったスタッフ数名を中心に、
● 院内の取り組みとしては、転倒予防教室や骨粗鬆症に対する講座を開催し、治療率向上のためのクリニカルパス作成等の活動を行っています。
● 院外の取り組みとしては、様々な観点から、他医療機関と骨粗鬆症に関する意見交換会なども行っております。 

合併症

感染
手術に際しては感染が起こらないよう手術前から抗生剤を投与し、手術中も傷を充分洗浄していきます。また手術後も抗生剤を投与し感染予防に努めております。
しかし稀に手術後感染症状を呈する場合があります。感染を疑った場合、早期に感染源を見つけ出し治療を行っていきます。
出血
手術前に出血しやすい状態かどうか採血にてチェックし、内服薬の内容等を調べます。また手術内容により予想される出血量があり、その出血量で輸血が必要かどうかを手術前に検討しています。
※内服薬の内容によっては手術前に内服を中止してもらう薬があります。
※手術前に自己血(自分の血を貯める)を準備する場合があります。
手術は充分に止血しながら進めて参りますが、傷周囲の血管からじわじわと出血することや予想外の出血を認める場合があります。自己血で出血量をまかなえない場合、あるいは自己血がない場合は日本赤十字社より輸血を依頼し投与することがあります。
血栓
手術後は数日ベッド上での生活となる場合があります。ベッド上での生活が長くなると身体の血の流れが鈍くなり血栓(血の塊)が出来やすい状態となります。血栓予防のため手術前より弾性ストッキングを装着してもらい、手術後は脚の空気マッサージを行うことがあります。また手術内容によっては手術前後に血栓ができていないかエコー検査(超音波検査)を行います。大きな血栓ができてしまうと血栓が心臓や肺などに飛んでしまい、心筋梗塞・肺梗塞になることがあります。もしエコー検査にて血栓が見つかった場合、早期に血栓除去の治療を行います。
下肢静脈瘤(脚にミミズが這ったような浮き出た血管)がある方は手術前に医師・看護師にお知らせください。

※1.合併症が見つかり次第主治医よりご本人・ご家族へ説明を行った後治療を進めて参ります。
※2.緊急性を要する場合はご家族が到着する前に治療を進めていく場合がありますのでご了承ください。ご家族が病院到着し次第主治医より説明があります。

手術イメージ動画(一覧)

腰 手術イメージ動画

PLIF(腰椎後方推体間固定術)
腰椎変性すべり症などの不安定になった腰椎を正常な位置で固定する手術です。また、腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアでも病状により腰椎を固定する場合があります。
腰痛の軽減と脊椎の位置を正常に戻すことが期待されます。

股 手術イメージ動画

THA(人工股関節置換術)
加齢に伴う変形などにより傷んだ股関節を、人工股関節に入れ替える手術です。入れ替えることにより、股関節の痛みを取り、動き(可動域)を良くすることが期待されます。また下肢長差を矯正します。
当院では、昨年は年間で手術件数156件(平成24年1月~12月)の実績があります。

膝 手術イメージ動画

TKA(人工膝関節置換術)
加齢に伴う変形などにより傷んだ膝関節を、人工膝関節に入れ替える手術です。入れ替えることにより、膝関節の痛みを取り、動き(可動域)を良くすることが期待されます。また、下肢の変形(O脚・X脚)を矯正します。
当院では、昨年は年間で手術件数254件(平成24年1月~12月)の実績があります。

緑泉会グループ

  • 法人概要
  • 整形外科米盛草牟田クリニック
  • 整形外科 米盛中央クリニック
  • リハビリテーション病院 米盛
  • まろにえ老人保健施設
  • マロニエ訪問介護ステーション「護国」
  • 米盛病院 居宅介護支援事業所
  • 医療福祉連携室
  • 看護局
  • 部門紹介

胎児診断外来のご案内

遺伝カウンセリングのご案内

医師リクルートのご案内

リハ広域支援センター

米盛病院Facebook 米盛病院Facebookアカウント
米盛病院ER
米盛病院OR

スマートフォンサイト QRコードからアクセス頂けます。
QRコード