感染対策トレーニング(血液培養)

事前テスト(筆記)→映像確認→実技練習→事後テスト(筆記)の流れで進み、1回あたりの受講生は2〜4名。コース時間としては1時間程度となります。
少人数であることと指導者が受講生にとってとても話しやすい雰囲気作りをしてくれるので、素朴な質問・普段なかなか聞けなかった質問も飛び出しているようです。(指導者が自分の腕を提供する場面も!?)
20141218