日本救急医学会指導医指定施設

社会医療法人緑泉会 米盛病院は、2017年1月1日付けで、一般社団法人日本救急医学会指導医指定施設として認定されました。これは、鹿児島県のみならず、宮崎県を含めた南九州で初の認定になります。
米盛ERは、地域のみなさまに、最善の救急医療を提供するとともに、救急医療にかかわる人材を育成することを自らの使命と位置づけています。今回の認定をきっかけに、更に地域での救急医療発展に貢献できるように努力していきたいと思います。

 

 救急指導医指定施設証

 

日本救急医学会指導医指定施設要件

日本救急医学会指導医認定制度 第4章第6条

日本救急医学会は、次の各項の条件を備え、指導医育成にふさわしい救急医療施設または病院の救急部門を指導医指定施設として認定する。

  1. 救急患者の診療、救急医学の教育・研究のできる十分な設備と人員とを有していること。
  2. 各種の救急患者を診療していること。
  3. 独立した救急部門であること。
  4. 指導医が2名以上いること。

日本救急医学会指導医認定制度施行細則 第3章第11条

指導医指定施設は、規則第4章第6条に定める以外に、原則として次の各項の条件を備えていなければならない。

  1. 専門医指定施設であること。
  2. 5床以上の救急専用の集中治療病床を有すること。
  3. 救急部門への入院患者が年間300症例以上あること。
  4. 救急専任の医師が5名以上いること。
  5. 救急専任の医師のうち、2名以上は日本救急医学会指導医であること。