治験

近年、生活習慣病や高齢化に伴う疾患が多くなってきており、症状も多種多様化しております。
当院では、今までのおくすりより、効果的で安全性の高いおくすりを少しでも早く世の中に送り出す為に平成15年より治験を行っております。

治験とは何?

化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に有効性があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。 この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、有効性と安全性を調べることが必要です。こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。
人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。

治験依頼者の方へ

当法人に治験等を依頼または依頼予定のある依頼者様は、薬剤課までご連絡をお願い致します。

実施可能診療科

  • 整形外科全領域(リウマチ、骨粗鬆症、脊椎関連、関節関連 等)
  • リハビリテーション領域
  • 外傷・救急領域(内科、循環器科、脳神経外科、呼吸器科、感染症 等)
  • 麻酔科領域

疾患の経験

疾患名 治験の相
腰痛症 Ph-3
変形膝関節症 Ph-3
深部静脈血栓症 Ph-2
深部静脈血栓症(THA) Ph-3
深部静脈血栓症(CHS) Ph-3
静脈血栓塞栓症の予防 Ph-2
骨粗鬆症 Ph-3
骨粗鬆症における疼痛 Ph-2
膝関節症、腰痛症の慢性疼痛 Ph-3
静脈血栓塞栓症の予防(膝) Ph-3
静脈血栓塞栓症の予防(股) Ph-3
静脈血栓塞栓症の予防 Ph-3
術後疼痛 Ph-3
腰部脊柱管狭窄症 Ph-2
骨粗鬆症 Ph-2

規定集・様式集・書式取扱い

  • SOP
  • その他:作成中

法人内医療機器一覧

環境設備、その他

  • 院内血液検査:委託
  • インターネットの状況:無線LAN対応
  • 国際電話・FAX:電話については可
  • EDC関連:入力可
  • CT・MRI等の電子媒体化のマスキング:可
  • 治験に伴う医療機器の搬入経験:なし

治験業務体制

  • IRB:セントラルを利用
  • 治験事務局担当薬剤師:1名(兼任)
  • 治験事務局担当事務:1名(兼任)

業務提携 SMO

  • 株式会社 EP綜合
  • 株式会社 エクサム

お問い合わせ先

社会医療法人緑泉会米盛病院 薬剤課
〒890-0062 鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目7番1号
TEL:099-230-0100(代表) 内線:5167,5168
Email:chiken@yonemorihp.jp