薬剤課

ご挨拶

集合写真

当院薬剤課は、「薬剤師の可能性を 治療の可能性に 目指すはベストファーマシスト」をモットーに、入院・外来患者さんに対する薬剤の使用はもちろんのこと、薬に関する院内環境整備、医療従事者への薬剤情報提供、地域の医療機関との情報共有、地域の住民の方の健康に対して薬剤師の可能性をどこまでコミットできるかを模索しております。
整形・救急がメインの病院ですが、救急搬送される患者さんは外傷系・消化器系・循環器系・呼吸器系・中毒など多岐に渡るため、各患者さんに適した薬物療法を行うことを目的に日々研鑽を重ねています。
各セクションのスタッフが充実し、カンファレンスや委員会活動などで職種同士の相談応需などもスムーズに行われます。さらに災害拠点病院としての備蓄薬剤の管理、年間2400件の手術に対応するための手術薬剤の管理など薬剤の流通・管理にも尽力しています。
今後も当院理念である「まわりの人たちの幸せな笑顔が、私たち職員の幸せです。」を念頭に、安全・安心な薬剤の提供に邁進する所存であります。

 

業務紹介

調剤

調剤業務

入院および一部の外来患者さんの薬を準備します。調剤は医師が発行した処方せんまたは注射処方せんをもとに行います。まず、発行された処方せんの内容について、用法用量が適当か、他の併用薬との相互作用は問題ないか、現在の病態に薬が合っているかなどを確認し、疑義があればその時点で医師へ照会します。その後、処方せんに従って薬を揃えていきます。揃えられた薬は別の薬剤師によって、処方せん通りに調剤されているか、また処方内容に間違いがないかの確認が再度行われ払出されます。
調剤にあたっては、調剤支援システム(yuyama)を導入しており相互作用、禁忌情報などの表示を確認することによって安全性を高めています。必要に応じて、一包化調剤や粉砕調剤を行っています。

 

薬剤鑑別

入院した患者さんおよび術前検査等で来院した外来患者さんの服用している薬を確認します。入院した患者さんの普段服用している薬(持参薬)について、その用法用量、残数、当院での同一成分薬または同効・類似薬を記載し、薬剤鑑別書を作成します。作成した薬剤鑑別書は、もともとどのような疾患があるかの確認や、当院から出る薬との相互作用のチェック、また入院中の病態に応じた持参薬の中止や減量の検討にも役立ちます。持参薬は入院中も基本的には継続し、残りがなくなる場合は必要に応じて代替薬への切替を提案します。外来患者さんについては、主に手術前に抗凝固薬など休薬が必要な薬はないかを確認します。

 

配薬

入院患者さんの薬を週に1度、1週間分配ります。配る薬はもともと服用している持参薬と当院から出ている薬の両方です。看護師が配薬する施設も多いですが、薬剤師が配薬することで、中止薬、休薬期間、持参薬と当院処方薬との相互作用、薬効が類似するものの重複投与がないかなどをチェックすることができます。

 

医薬品情報管理

医薬品は投与方法、体内に入ってからの動態、起こりうる副作用、使用されている添加物、他あらゆる情報を持ち合わせています。その中から、必要な情報を選択し、提供します。手元に情報が不足する場合は文献等を調べたり、製薬会社に問い合わせたりして収集します。また、厚生労働省や製薬会社から送られてくる医薬品情報を医師や看護師などに向け、速やかに発信することで、安全な薬物療法に寄与しています。

 

治療薬物モニタリング (Therapeutic Drug Monitoring;TDM)

有効な薬物濃度をきちんと保つことや、治療域と中毒域が接近しているような薬剤では、副作用が起こらないようにすることを目的として、血中の薬物濃度を測定し、各患者さんに合わせて、投与量を決定していくTDMを行っています。患者さんの年齢、性別、体重、腎機能などを専用のソフトに入力し、該当する薬剤の目標とする血中濃度になるよう、シミュレーションを行います。血中濃度が定常状態になったと考えられるタイミングで血中濃度測定を行い、シミュレーションの結果と照らし合わせ、より適切な投与量を決定していきます。

 

病棟業務

入院患者さんを訪問し薬物治療を行う上で、副作用が出ていないかをチェックしたり、出された薬をきちんと服用できているか、インスリンなどの注射の手技は正しいかなどを確認したりしています。そこで得た情報は他職種と共有し、必要に応じて医師に薬の減量や追加を提案したり、服用しづらい薬があれば剤形の変更を提案したりすることもあります。また、退院に向けて自宅でも継続して服薬ができるよう、患者さん一人ひとりに合わせた方法で薬の自己管理を導入しています。

整形外科・リハビリテーション科


急性期は、専門分野として脊椎・脊髄病棟と人工関節病棟、一般整形病棟を有しています。術前の休薬や術後の再開などに注意をしています。また、周術期に使用される薬剤に対する指導も実施しております。深部静脈血栓症(DVT)予防が必要な患者さんについては、Xa阻害薬の投与量を医師に提案しています。
回復期は、主に手術を終えた後に対するリハビリテーションが必要であり、回復期病棟に入院されている患者さんを対象に薬剤管理業務を行っています。特色としては退院後自己管理が必要とされる患者さんに、看護師と連携し内服自己管理の導入を行います。また在宅薬局と連携し、退院後の自宅での薬剤管理のお手伝いをします。

救急科


救急外来では、通常の初療に必要な薬剤の他、ハイブリッドERでの緊急手術や緊急カテーテル治療に備え、麻薬や鎮痛剤・抗菌薬・麻酔薬・循環器用薬などの救命に必要な薬の管理を薬剤師が行っています。また、急性中毒や異物誤嚥、刺咬症等に対しての解毒薬・拮抗薬を整備し医師・看護師への情報提供も行っています。また、ドクターカーや救急ヘリに搭載する薬の管理も行っています。

急性期病棟では、重症かつ複数の診療科領域にわたる患者さんを受け入れているため、幅広い知識や総合力が磨かれます。また小児から高齢者、外国人の患者さんまで、患者個々人に合わせた薬学的知識やコミュニケーションスキルが必要とされることもあります。

災害対策

有事に備えて災害時用医薬品の選定と備蓄を管理しています。化学テロや火山ガスなど自然災害についても解毒薬等の備蓄管理をしています。

【平成28年熊本地震】日頃の準備のおかげで、当院DMAT隊員やJMAT隊員への医薬品の提供を円滑に行う事ができました。

【避難訓練】院内患者避難訓練と院外からの被災者受け入れ訓練を同時に行う大規模災害訓練・地域住民参加型のトリアージ訓練など、本格的な訓練が行われています。私たち薬剤師も参加いただいた地域住民のみなさまへ、災害時の内服薬管理やお薬手帳の大切さについてお話しをしました。

 

特色

様々なチーム医療に参画しています


ICT(感染対策チーム)

月に1回の会議と、週に1回のラウンドを通して、院内の感染制御と環境の改善に貢献しています。また抗菌薬使用密度(Antimicrobial use density:AUD)の算出や、緑膿菌におけるカルバペネム耐性化サーベイランス、抗菌薬使用届け出制度、抗MRSA治療薬使用患者へのTDMなども行っています。

NST(栄養サポートチーム)

医師・管理栄養士・看護師・理学療法士・言語聴覚士などとともに、月2回活動を行っています。薬剤師としては、静脈・経腸栄養療法における処方支援や栄養療法における適正使用などに関わっています。具体的な活動としては対象患者さんのカルテを見ながらNSTメンバーで栄養状態の評価・検討を行い、その後病棟のラウンドを行っています。

災害対策委員会

月に1回、D-MAT医師主導のもと、全職種参加での会議が開かれ、院内外での自然災害を含む災害時の患者避難や受け入れ準備、院外への医療派遣に関する支援を行っています。専門家を交えての会議は学ぶことが沢山あります。

褥瘡対策委員会

013

2週間に1回、褥瘡委員会スタッフにて褥瘡回診を行っています。薬剤師も2名褥瘡委員会のメンバーであり、他職種とともに褥瘡回診に参加し、褥瘡の改善を目指します。

骨粗鬆症対策チーム

014

転倒したことで骨折された患者さんを対象に、再度骨折しないための「転倒予防教室」を毎月開催しています。医師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士がそれぞれの分野で、骨折予防につながる指導を行っています。


実績など


学術活動の一覧はこちら

認定薬剤師

  1. 認定薬剤師
    スポーツファーマシスト(4名)
    認定実務実習指導薬剤師(1名)
    病院薬剤師会認定指導薬剤師(1名)
    骨粗鬆症リエゾンマネージャー(1名)
    災害医療認定薬剤師(1名)
  2. 現在 認定取得を目指している薬剤師
    感染認定薬剤師(1名)
    救急認定薬剤師(2名)
    化学療法認定薬剤師(1名)
    NST専門療法士(1名)
    栄養療法研修認定薬剤師(1名)

個人の習い事(語学編)

当院は「外国人患者受入れ医療機関認証制度」の認証を受けており、多くの外国人患者さんが受診または搬送されます。外国人患者さんへ、日本人の患者さんと同様の医療サービスを提供できるよう、私たち薬剤課スタッフも日々、様々な語学スキルを磨いています。自分が持っている語学スキルを活かしたい方、海外経験のある方お待ちしています!

  1. 医療用英会話教室(Coco塾)
    週1回、お仕事のあとにカナダ人講師との個別レッスン。様々なメディカルシーンで使える、医療英会話を学んでいます。
  2. 中国語レッスン
    中国人患者さんの来院時、中国語の薬剤情報提供書をお渡しできたらと思い、少しずつ薬剤情報提供書の翻訳を先生と一緒に行っています。