リハビリテーション課

 ご挨拶

社会医療法人緑泉会のリハビリテーション課は長年、草牟田の地で整形外科の分野において急性期から在宅までの医療、介護サービスを提供してきました。
2014年、病院が与次郎に移転し「救急科」と「整形外科」の2本柱のもと 整形外科に加え、脳血管疾患や呼吸器疾患にも対応する命と人生に向き合う専門病院としてさらに発展を続けています。ICUなどの超急性期から、回復期そして在宅へとつながるリハビリテーションの 提供体制を整え

  • 「高度救急医療提供するチーム」
  • 「整形外科術後医療を提供するチーム」
  • 「在宅復帰を目指した回復期医療を提供するチーム」
  • 「摂食嚥下機能向上を図るチーム」
  • 「スポーツ傷害医療を提供するチーム」
  • 「地域での応用的な医療介護を提供するチーム」

上記チーム編成ごとに、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を配置し、それぞれの専門分野に特化したリハビリテーションを提供しています。その幅広いニーズに応えられるリハビリテーション専門職となるためには「解剖学」「生理学」「運動学」などの基礎知識を基盤とした医療技術に加えて

  • 患者様やチームスタッフとのコミュニケーション能力
  • 患者様やチームが抱える課題を解決するマネジメント能力

の向上が必要と考えています。 社会医療法人緑泉会では超急性期から回復期、生活期、在宅までの幅広いリハビリテーションを経験できる環境とそのニーズに応えられるリハビリテーション専門職として向上できる学習環境を整えています。
その環境の中で皆さんと一緒に向上し続けたいと考えています。

業務紹介

超急性期から回復期、生活期、外来までの一貫したリハビリを提供できる体制を整えています。

超急性期・急性期のリハビリ(米盛病院)

 受傷後や術後、ICU・HCU入室時から早期離床を図り、活動性の低下に伴う関節可動域制限、筋力低下などを予防し、歩行能力や社会生活能力の獲得により早期社会復帰を目指します。

  • 米盛
    リハビリ室
  • 15.08.05-037
    ベッド上でのリハビリ

 

回復期のリハビリ(米盛病院)

急性期の治療後に医師、看護師、PT・OT・ST、MSW、管理栄養士などの多職種協働で退院後の生活を見据えた集中的なリハビリを行い、社会生活能力の向上により在宅復帰を目指します。飲み込みの悪い患者さまに対しても専門的な摂食嚥下訓練を行っています。

  • ST
    言語聴覚士によるリハビリ

 

生活期のリハビリ(まろにえ介護老人保健施設・通所リハビリ・訪問リハビリ)

生活機能向上を目的としたリハビリや環境調整を行い、住み慣れた地域で在宅等社会生活の継続を目指します。在宅での生活機能が低下し、外出が困難な方に対しては理学療法士、作業療法士等の訪問リハビリも行っています。

  • まろにえ介護老人保健施設
    まろにえ介護老人保健施設
  • 訪問リハビリ
    訪問リハビリ

 

外来でのリハビリ(整形外科米盛草牟田クリニック)

急性発症した外傷や身体機能障害、スポーツ障害などの整形外科疾患に対して理学療法士等による個別リハビリやジムトレーニングプログラム、プールでの水中運動療法等を行い、早期機能改善を図ります。

  • 整形外科米盛草牟田クリニック
    整形外科米盛草牟田クリニック

 

 

チームアプローチで一日も早い回復を目指します

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・運動療法士の各専門スタッフが協力し、リハビリを提供します。担当制ですので、患者さまの状態にあわせたリハビリを実施できます。必要に応じてご自宅を訪問し、環境調整を行います。

 

 採用情報