急性心筋梗塞とは

 急性心筋梗塞とは、心臓に酸素などを供給している冠動脈が、主に血栓などによって急に詰まり、その先への血流が途絶えて、心臓の一部の筋肉が壊死する病気です。胸痛、胸の圧迫感があり、冷や汗、吐き気などを伴うことがあります。心臓の筋肉には再生能力がないため、治療としては、詰まった冠動脈を開通させて壊死を最小限にとどめることが最優先となります。

主な治療の方法: カテーテル治療冠動脈バイパス手術・薬物療法・心臓リハビリテーションなど

 

狭心症とは

 狭心症とは、冠動脈の血流が悪化し、心臓が一時的に酸素不足になることによって起こる病気のことです。典型的な症状は「締め付けられるような胸の痛み」です。さらに冠動脈に血栓が詰まって血流が途絶え、周囲の心筋が壊死してしまうのが心筋梗塞になります。狭心症には主に、喫煙や飲酒が原因による「血管痙攣型」、血管の詰まりが原因による「動脈硬化型」の2つのタイプがあります。

主な治療の方法:カテーテル治療冠動脈バイパス手術・薬物療法など

 

心不全とは

 心不全とは、心臓の働きが衰え、血液が身体全体に行き届かなくなった状態のことを言います。心不全は一つの疾患ではなく、虚血性心疾患、拡張型心筋症、心臓弁膜症といった心臓のさまざまな疾患が悪化し最終的に至る症候群を意味します。代表的な自覚症状としては、動悸や息切れ、さらに進行すると夜に寝床で咳が出たり、息苦しさで寝られなくなったりします。足にむくみが出ることもあります。

主な治療の方法:冠動脈バイパス手術左室形成術・補助人工心臓・弁置換術弁形成術不整脈手術・薬物療法など

 

心筋症とは

 心筋症とは、心臓の壁が厚くなったり薄くなったりなどして、心臓の動きが低下してしまう病気の総称です。代表的なものに「肥大型心筋症」「拡張型心筋症」などがあり、これらは重症心不全や致死性不整脈、脳梗塞などを引き起こす場合もあります。治療としては、拡張型心筋症については左心室形成術、補助人工心臓の植え込み術、心臓移植といった外科手術があります。

主な治療の方法:左室形成術・補助人工心臓・心臓移植・薬物療法など

 

心臓弁膜症とは

 心臓弁膜症とは、心臓の中にある「大動脈弁」「僧帽弁」「三尖弁」「肺動脈弁」という4つの弁が、正しく機能しなくなる病気のことです。心臓の弁が開きづらいものを「狭窄症」、開いたままで逆流が起きてしまうものを「閉鎖不全症」と呼びます。弁膜症が進むにつれて、息切れ、動悸、胸痛、足などのむくみ、めまいといった症状が現れることがあります。

主な治療の方法:カテーテル治療弁置換術弁形成術・薬物療法など

 

心房細動とは

 心房細動とは、頻脈性不整脈の一つで、心房内に流れる電気信号の乱れによって、心房がふるえ、脈が不整となることです。心房細動を誘発する心疾患としては弁膜症などが挙げられますが、特にこうした心疾患がなくても、加齢が原因によって発生することもあります。心房粗動との違いは、心房の昂奮回数と電気信号の伝わり方などの違いで区別されます。心房細動の合併症として脳梗塞を引き起こすおそれがあります。

主な治療の方法:不整脈手術(メイズ手術)カテーテルアブレーションなど

当院では、心臓弁膜症や狭心症の手術の際などに、不整脈をお持ちの方は積極的にメイズ手術を行っています。

 

心房粗動とは

 心臓の筋肉は普通の筋肉とは異なり、筋肉が収縮するために電気信号を一定の間隔で受信・発信しています。心房粗動とは、頻脈性不整脈のひとつで、電気信号の発生場所である「洞結節」から発生した電気信号が、心房内の同じところをぐるぐる回っている状態に陥り、心房の壁が震えて心臓から血液をきちんと送り出すことができなくなります。症状の強さは人それぞれで、強い動悸、息切れ、めまいで立っていられなくなる人もいれば、脈をとってみないと分からない人もいます。

主な治療の方法:不整脈手術(メイズ手術)カテーテルアブレーションなど

 

大動脈瘤とは

 大動脈瘤とは、動脈が膨れてこぶ状のふくらみができ、破裂や合併症のおそれがある状態のことです。動脈硬化によって起こることが多いですが、感染症などでも生じることがあります。動脈瘤は内科的治療で治すことはできませんので、血管の膨らんだ部分にカテーテルで人工血管を挿入するステントグラフト治療法や、開胸・開腹などによって行う人工血管置換術があります。

主な治療の方法:ステントグラフト内挿術、人工血管置換術

 

下肢静脈瘤とは

 下肢静脈瘤とは、足の血管がボコボコとふくれてこぶのように見える病気のことで、血液がきちんと心臓に戻らずに足の静脈内に滞ってしまうことによって起こります。長時間の立ち仕事、あるいは妊娠を経験した人に発症することが多いとされています。立っていると足が重い・だるいといった症状や、かゆみ、悪化した場合は潰瘍ができることもあります。

主な治療の方法:高周波ラジオ波・レーザー治療・弾性ストッキングの着用・外科的抜去術など

pageup