主な疾患-関節

 2つ以上の骨が連結する部位を関節といい、骨と骨の間には関節腔(ヒアルロン酸に富み、粘り気のある関節液で満たされている)があります。
 関節は可動関節と不動関節に分類されます。可動関節は、可動性と支持性がある関節で、不動関節は、骨と骨の間に結合組織があり可動性がほとんどない関節です。一般的にいう関節は、可動関節のことを指します。

 

変形性関節症(OA)

 変形性関節症は、加齢などにより、関節軟骨の変性・摩耗や骨棘が生じ、疼痛や可動域制限、関節の変形をきたす疾患で、下肢の股関節や膝関節、頚椎、腰椎に好発します。関節の脆弱性を高める因子(加齢、性別、筋力低下、関節の損傷など)と、関節への直接的な負荷因子(肥満、関節の外傷、関節の過度な反復使用など)が加わって発症に至ります。
※骨棘・・・何らかの刺激に骨が反応して増殖する棘

 

《TOPICS:変形性膝関節症》

変形性膝関節症は、膝関節における変形性関節症で、50歳以上の肥満女性に好発し、疼痛や関節の腫脹(水腫)、関節変形、可動域制限などがみられます。発症当初は、立ち上がりや歩きはじめなどの動作に痛みを生じる程度ですが、進行すると正座や階段の昇り降りが困難となり、末期になると変形により膝が伸びにくくなり、歩行も難しくなります。
 加齢、肥満など原疾患が明らかでないものを一次性膝関節症といい、外傷(骨折、半月板損傷、膝靱帯損傷)や関節炎(関節リウマチ、化膿性関節炎)などの原疾患に続発するものを二次性膝関節症といいます。日本では一次性膝関節症が大半を占めます。
 治療は、まず保存療法として生活指導、運動療法、装具療法、薬物療法などを行いますが、奏効しない場合は手術療法として関節鏡(内視鏡)手術、高位脛骨骨切り術や人工膝関節置換術などを行います。術式は、病態や年齢などを考慮して選択されます。
※原疾患・・・原因となるもともとの病気

 

《TOPICS:変形性股関節症》

変形性股関節症は、股関節における変形性関節症で、40~50歳以上の女性に好発し、疼痛や関節変形(脚長差)、可動域制限、跛行などがみられます。
 日常的に重量物を取り扱う、肥満など原疾患が明らかでないものを一次性股関節症といい、関節の形成に異常がある(寛骨臼形成不全、発育性股関節形成不全)、外傷(脱臼、亜脱臼)など原疾患に続発するものを二次性股関節症といいます。日本では二次性股関節症が大半を占めます。
 治療は、保存療法として生活指導、運動療法、装具療法、薬物療法などを行いますが、進行した場合は手術療法として骨切り術、寛骨臼形成術、人工関節置換術などを行います。術式は、病態や年齢などを考慮して選択されます。 
※跛行・・・何らかの障害(痛みや脚長差など)により正常な歩行ができない様子

 

寛骨臼形成不全(臼蓋形成不全)

 成長期に寛骨臼が十分に発育せず、寛骨臼が浅くなり、大腿骨頭の外側部分が寛骨臼からはみ出している状態のことを寛骨臼形成不全といいます。
 骨臼形成不全は、正常の場合と比較すると荷重を伝達する部分の面積が小さくなるため、単位面積あたりの荷重負荷が大きくなり、関節軟骨が摩耗します。進行すると変形性股関節症を来します。

 

 

《TOPICS:発育性股関節形成不全》
 発育性股関節形成不全は、股関節の関節包内脱臼のことをいい、新生児から乳児期の女児に好発します。症状は、開排制限(股関節を開く途中で抵抗が生じる)や脚長差、歩行開始の遅延や歩行の異常などがみられます。治療は、乳児期においては主に装具療法を行いますが、治療が困難な場合は手術療法を検討します。

 

大腿骨頭壊死

 大腿骨頭壊死は、何らかの原因により大腿骨頭が壊死する疾患です。原因(外傷、塞栓性、放射線照射、術後)が特定できるものを症候性大腿骨頭壊死症といい、原因が不明のものを特発性大腿骨頭壊死症(難病指定の特定疾患)といいます。
 特発性大腿骨頭壊死症は、ステロイド投与、アルコール多飲が危険因子といわれており、30~40歳代に好発します。両側発生(左右両足での発生)は約50%です。症状は、初期の壊死のみの段階ではほぼ無症状ですが、壊死部に圧潰が生じると、わずかな動作で股関節痛が突然出現します。無治療のまま進行すると変形性股関節症を来すことがあります。
 特発性大腿骨頭壊死症の治療は、壊死範囲や進行の程度、年齢を考慮して選択します。軽症例では保存療法として鎮痛薬投与を行い、中症例では手術療法として関節温存術(骨切り術)を行い、重症例では手術療法として人工大腿骨置換術、人工股関節置換術を行います。

 

 

半月板損傷

 半月板は、膝関節内で大腿骨と脛骨の間に存在する半月型の軟骨です。膝にかかる荷重の分散、衝撃の吸収といったクッションのような働きをもっています。半月板損傷は、半月板に断裂が生じた状態をいい、無治療で経過すると変形性膝関節症を来すことがあります。
 発症の主な原因は、スポーツ外傷、加齢による変性、円板状半月板があります。

原因:スポーツ外傷

 膝に体重をかけて方向転換(膝をひねる)を行う動作で発生しやすく、サッカーやバスケットボールを行う若年者に好発します。また、ジャンプの着地の際などに靱帯損傷を生じ、それに合併して半月板を損傷することもあります。

原因:加齢による変性

 立ち上がる動作といった小さい外力がもろくなった半月板に加わって生じます。

原因:円板状半月板

 生まれつき半月型ではなく円板状の形をしていて、半月型に比べると損傷しやすく、小児に好発します。
 症状は、受傷時から疼痛が生じ、キャッチング(膝の曲げ伸ばし時の引っかかり感)、関節腫脹、可動域制限が出現します。重症の場合は、ロッキング(膝の曲げ伸ばしができなくなる)がみられ、歩行も困難になります。
 軟部組織である半月板はX線検査では写らないため、MRIが用いられます。治療は、断裂が生じた部位(中央か辺縁かなど)や断裂の形態、靱帯損傷の有無により選択されます。手術療法としては、主に関節鏡下手術(半月板部分切除術、半月板縫合術など)を行います。

 

膝靱帯損傷

 膝靱帯損傷は、膝関節の周囲にある靱帯の損傷(断裂)の総称です。無治療のまま進行すると変形性膝関節症を来すことがあります。膝靱帯損傷は主に、前十字靱帯損傷、後十字靱帯損傷、内側側副靱帯損傷、外側側副靱帯損傷があります。スポーツ外傷や交通事故では、複数の靱帯損傷や半月板損傷が併発することもあります。

 

《TOPICS:前十字靭帯損傷》

 バスケットボールやサッカー、スキーなどにおけるジャンプからの着地、方向転換、急停止などの動作時(非接触損傷)や、スポーツ中にぶつかった時(接触損傷)に、脛骨上端に前方へ転位(ずれ)する外力が加わることで生じます。女性に好発し、半月板損傷の合併が多い傾向にあります。無治療で経過すると膝くずれを繰り返します。
 受傷時はブツッという断裂音と激しい疼痛が起こり、数時間以内に関節血症(関節腔内への出血が貯まり腫脹する)や可動域制限がみられます。
 治療は、保存療法として装具療法や大腿四頭筋訓練などを行い、スポーツ選手や膝くずれを繰り返す場合は手術療法として靱帯再建術を行います。

 

《TOPICS:後十字靭帯損傷》

 交通外傷(例:ダッシュボードへの膝強打、バイク事故での転倒)、スポーツ中の接触損傷などで、脛骨上端に後方へ転位(ずれ)する外力が加わることで生じます。
 前十字靱帯損傷に比べると疼痛や可動域制限は軽度で、関節血症の程度は様々です。無治療で経過すると不安定感が残ります。
 治療は、後十字靭帯損傷の単独損傷であれば保存療法として大腿四頭筋訓練を中心に行い、複合靱帯損傷の場合は手術療法として靱帯再建術を行います。

 

《TOPICS:内側側副靭帯損傷》
 スポーツ中の接触損傷(例:ラグビー)や非接触損傷(例:スキー)、交通事故、転倒などで、膝関節に外反する力が加わることで生じます。膝靱帯損傷で最も頻度が高い症例です。
 症状は、膝内側の疼痛、腫脹などで、単独損傷であれば関節血症はまれで、無治療で経過すると不安定感が残ります。
 治療は、内側側副靭帯損傷の単独損傷であれば保存療法として装具療法などを行い、複合靱帯損傷の場合は手術療法として靱帯再建術を行います。

 

《TOPICS:外側側副靭帯損傷》
 比較的まれな損傷で、スポーツ中の接触損傷や交通事故などで、膝関節に内反する力が加わることで生じます。複合靱帯損傷での発生が多い症例です。
 症状は、膝外側の疼痛、腫脹などで、無治療で経過すると不安定感が残ります。
 治療は、外側側副靭帯損傷の単独損傷で不安定性が軽微であれば、保存療法として装具療法などを行い、複合靱帯損傷の場合は手術療法として靱帯再建術を行います。

 

痛風

 痛風は、関節腔内に尿酸塩結晶が析出することにより生じる、激しい痛みや腫脹、発赤を伴う急性関節炎を主症状とした症候群のことをいい、高尿酸血症の人や肥満した成人男性に好発します。
 症状は、尿酸塩結晶の析出する部位によって症状は異なります。最も多い症状は急性関節炎で、他に、腎臓で生じる痛風腎、尿路で生じる尿路結石、皮下組織で生じる痛風結節などがあります。急性関節炎は痛風発作ともいわれ、痛みは1~2週間以内に治まります。痛風発作と間欠期(発作が生じていない時期)を無治療のまま繰り返すと、痛風結節や痛風腎の慢性症状を来すこともあります。  
 治療は、痛風発作の治療と間欠期の高尿酸血症の治療に大きく分けられます。まずは発作時に薬物療法で炎症を鎮静し、間欠期に薬物療法と生活習慣の改善で尿酸生成を抑制します。

 

《TOPICS:高尿酸血症》
 血液中の尿酸が基準値(7.0mg/dl)よりも高い状態を高尿酸血症といいます。痛風発作は高尿酸血症を背景に起こると考えられていますが、初期の高尿酸血症は無症状の場合もあります。  
 高尿酸血症の因子には、遺伝因子(尿酸生産の過剰、尿酸排出の低下)、環境因子(過食、肥満、アルコールの多飲、過度の運動、ストレス)、疾患関連因子などがあります。

 

《TOPICS:偽痛風》
 偽痛風は、関節腔内にピロリンCa酸結晶が析出し、半月板や関節軟骨に付着することにより生じる結晶誘発性関節炎です。痛風と同じく疼痛、腫脹といった急性関節炎の症状を呈しますが、尿酸値は正常という特徴があります。性差はほとんどなく、60歳以上の人で膝関節に好発します。

 

pageup