主な疾患-その他

骨粗鬆症

 骨強度は、骨密度と骨質(骨の微細構造)によって規定されます。骨粗鬆症は、骨強度の低下により、骨がもろくなり骨折しやすくなる疾患です。閉経後の女性、高齢者に好発し、日本の推定患者数は1,300万人と推測されています。
 骨粗鬆症になると、軽い日常動作や転倒で骨折を起こしやすくなります。骨折が生じやすい部位は、腰部(椎体圧迫骨折)、太ももの付け根(大腿骨近位部骨折)、手首(橈骨遠位端骨折)などです。
 椎体圧迫骨折は、骨粗鬆症で最も多い骨折です。重いものを持ち上げるなどの軽い日常動作で受傷することもあります。椎体圧迫骨折を起こすと、身長の低下、脊髄や神経根の圧迫による痛み(痛みを伴わず、骨折に気がつかない場合もある)がみられます。無治療のまま経過すると、胸腹腔内積の減少にともない心肺や消化器に障害を来すこともあります。
 大腿骨近位部骨折は、転倒などで生じ、受傷直後から股関節の疼痛と自動運動の不能(自分の意志で脚を動かすことができない)などがみられます。痛みや治療のために長期臥床となると、筋力低下や認知障害、心肺機能の低下などに至ることもあります。 いずれの骨折も、寝たきりを含めた高齢者のQOL低下の大きな要因となり得るため、早期より離床し、リハビリテーションを行うことが重要です。
※長期臥床・・・病床などに臥した状態が長く続くこと

 

 

《TOPICS:骨量の減少》
 骨の細胞には、骨形成を担う骨芽細胞、骨の維持・調節を担う骨細胞、骨吸収を担う破骨細胞があります。
 骨粗鬆症は、骨密度の低下(骨量の減少)により骨強度が低下して生じます。骨量の減少は、骨吸収が骨形成を上回ることで起き、その主な原因は加齢と閉経後の女性ホルモン(エストロゲン)の減少です。エストロゲンは破骨細胞の働きを(骨吸収)を抑えますが、女性は閉経後にエストロゲンが減少するため、破骨細胞が活発化し、骨量が減少してしまいます。

 

《TOPICS:骨密度測定》
 骨粗鬆症の診断にはX線画像による評価に加え骨密度測定が有用で、標準的な骨密度測定法にDXA(デキサ)があります。
 DXAは高低2種のX線を用いて骨密度を測定する検査で、主に腰椎、大腿骨近位部、錠骨遠位部を測定します。 
 当院の骨密度測定について

 

《TOPICS:治療と予防》

 骨粗鬆症治療の主な目的は、QOLを維持することにあります。そのために、骨強度を維持し、転倒などによる骨折を予防することが大切です。  
 治療には、食事療法、運動療法、薬物療養、生活習慣の改善があり、これらは発症予防としても効果的です。成長期から発症予防に取り組み青壮年期も継続することで、高い骨量を獲得することがで、閉経後も骨量を保つことができます。また、閉経後から発症予防に取り組んだ場合でも、骨量の減少速度を緩やかにできます。

食事療法

 カルシウムやその吸収を助けるビタミンDを含む食品を摂取しましょう。骨量を増やすには1日80mg以上のカルシウム摂取が必要といわれています。

✓カルシウムを含む食品: 緑黄色野菜、魚介、海藻類、乳製品、大豆食品など
✓ビタミンDを含む食品 : サケ、サンマ、イワシ丸干し、きくらげ、干ししいたけなど

運動療法

 骨量は、骨に運動などによる適度な負荷をかけると増加し、負荷を骨にかけないと脆弱化するので、年代と骨の状態に合わせた運動が必要です。 また、高齢者は転倒による骨折リスクが高いため、下肢の筋力増強やバランスをとる練習も運動に併せて行うことが大切です。

薬物療法

 骨粗鬆症の薬物療法は薬の作用により、骨代謝調整薬(カルシウムの吸収を促す)、骨吸収抑制薬(破骨細胞に作用)、骨形成促進薬(骨芽細胞に作用)などに分けられます。

 

手根管症候群(正中神経低位麻痺)

上肢掌側(てのひら側)の正中(真ん中のライン)を走行する神経を正中神経といいます。
 手根管症候群は、手首にあるトンネル状構造の手根管内を通る正中神経が種々の原因によって圧迫されることで生じます。中高年の女性、手を使う職業やスポーツをする人、骨折や人工透析の既往がある人、妊婦に好発します。原因として、炎症、変形、筋や腱の損傷、糖尿病、痛風、妊娠出産、アルコール多飲などが考えられますが、特発性(原因不明)の場合も多くあります。
 症状としては、母指(親指)、示指、中指の掌側などにしびれや疼痛、ピリピリ感といった感覚障害が生じます。また、夜中や明け方に強くなる、手を振ることで和らぐ、といった特徴があります。進行すると、母指の付け根の筋肉(母指球筋)が萎縮し、細かいものを摘まむことができなくなります。
 治療は、保存療法として装具療法による手関節固定や、薬物療法によるステロイド局所注射を行いますが、奏効しない場合には、手術療法として屈筋支帯切開による除圧(手根管開放術)を検討します。

 

外反母趾

 外反母趾とは、足の母趾(親指)がMTP関節で外反変形をきたしたもので、母趾の外反と第1中足骨の内反により、第一中足骨頭が突出した状態をいいます。ハイヒールや幅が狭く先端が細い靴を履く女性、扁平足や関節リウウマチの人に好発し、加齢とともに変形の増悪がみられます。  症状としては、靴などで圧迫されると突出部に疼痛、腫脹、炎症などが生じます。進行すると、靴を履いていない時にも疼痛が生じます。
 治療は、保存療法として靴の仕様の変更(先端部が広い靴を選ぶ、ハイヒールを避けるなど)や装具療法、運動療法(足趾を動かす体操など)を行いますが、奏効しない場合や疼痛が強い場合は、手術療法を検討します。

pageup