あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

心房細動

病気の概要

心房細動は、頻発性不整脈(脈が速くなる不整脈)のひとつです。
通常、心臓は規則正しいリズムで収縮と拡張を繰り返して血液を体中に送り出していますが、心房細動の場合、心臓のリズムが不規則になり、心臓から血液を正常に送り出すことができなくなります。

症状について

  • 症状の強さは人それぞれで、強い動悸、息切れ、胸の痛みなどが生じますが、無症状の場合もあります。心房細動を放置しておくと進行し、心不全や脳梗塞などの合併症を引き起こす可能性が高まりますので、注意が必要です。

検査について

心電図24時間ホルター心電図、血液検査、胸部レントゲン検査、心臓超音波検査などを行います。無症状の場合もあり、健康診断によって心房細動が発見されるケースもあります。

治療

治療の緊急性や基礎疾患により治療法は異なり、薬物治療やカテーテルアブレーション治療などがあります。
カテーテルアブレーション治療とは、足の付け根の太い血管から治療用のカテーテルを心臓まで進め、不整脈を起こしている部位に高周波電流を流すことで、不整脈を起こさなくする治療法です。当院では、現在のカテーテルアブレーション治療において必要不可欠となっている3Dマッピングシステムを完備しています。これにより、正確な診断はもちろん、患者さまやスタッフの放射線被ばくを大幅に減らすことができます。
心房細動では、心房の大きさ、持続期間などによって治療成功率に幅があり、成功するまでに数回の治療が必要なケースもあります。

病気の予防

生活習慣の見直しが大切です。適度な運動とバランスの良い食事を心がけてください。
心房細動は、自覚症状がないケースもあり、定期的な健康診断が大切です。また、自身で脈の状態をチェックする検脈の習慣をつけることもおすすめです。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP