あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

骨粗鬆症

病気の概要

骨の強度は骨密度と骨の質(骨の微細構造)によって決まります。骨粗鬆症はこの骨の強度の低下により、骨がもろくなり骨折しやすくなる病気です。閉経後の女性や高齢者によく見られ、日本の推定患者数は約1,300万人といわれています。骨粗鬆症になると、軽い日常動作や転倒で骨折しやすくなります。骨折しやすい部位は、腰(椎体圧迫骨折)、脚の付け根(大腿骨近位部骨折)、手首(橈骨遠位端骨折)などです。

症状について

椎体圧迫骨折(腰の骨の骨折)は、骨粗鬆症で最も多い骨折です。重いものを持ち上げるなどの軽い日常動作で骨折することもあります。椎体圧迫骨折は身長が低くなる、脊髄や神経の圧迫による背中の痛み(痛みがあまりなく骨折に気づかない場合もあります)がみられます。治療をせずに過ごすと胸や腹の空間が少なくなることにより、心臓や肺、消化器(食道から胃、小腸、大腸を経て肛門までの内臓)にさまざまな症状を起こすこともあります。
大腿骨近位部骨折(脚の付け根の骨折)は転倒などで起き、骨折直後から股関節の痛みと、自分で脚を動かせなくなるなどの症状がみられます。痛みや治療のために長期間寝たきりになってしまうと、筋力の低下や認知障害、心肺機能の低下などになることもあります。

検査について

X線(レントゲン)検査で診断します。場合によっては、MRI検査や二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)などによる骨密度測定検査を実施します。

治療

食事療法、運動療法、薬物療法、生活習慣の改善を行います。

病気の予防

カルシウム(緑黄色野菜、魚介、乳製品など)やその吸収を助けるビタミンD(サケ、サンマ、きくらげ、干し椎茸など)を含む食品を摂りましょう。また、年齢や体にあわせた運動もしましょう。無理なく運動を続けることが大切です。
症状が無くても、女性は40歳を過ぎたら定期的に骨密度検査を受けるようにしましょう。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP