あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

大腿骨頭壊死

病気の概要

何らかの原因で大腿骨頭の一部に血が通わなくなり、骨組織が死んでしまう(壊死)病気です。原因(外傷、塞栓性、放射線照射後、手術後など)が特定できるものを症候性大腿骨頭壊死症といい、原因が不明のものを特発性大腿骨頭壊死(難病指定の指定疾患)といいます。ステロイド投与やアルコール多飲が危険性を高める要素といわれており、30~40代によく見られます。

症状について

壊死した骨の部分が大きいと、体重を支え切れなくなって潰れてしまい、痛みが出現します。そのまま放置し進行すると変形性股関節症を生じることがあります。

検査について

X線(レントゲン)検査によって診断します。必要に応じてMRI検査やシンチグラフィ検査を行う場合があります。

治療

壊死の範囲や病状進行の程度、年齢を考慮して選択します。軽症の場合は保存療法として鎮痛薬投与を行い、中症の場合は手術療法として関節温存術(骨切り術)を行い、重症の場合は手術療法として、人工骨頭置換術や人工股関節置換術を行います。

病気の予防

アルコールやステロイド剤の摂り過ぎに注意を払うことは重要です。骨は壊死しても潰れなければ症状があらわれないといわれていますので、発症したら、重症化する前に速やかに適切な治療を受ける必要があります。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP