あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

変形性股関節症

病気の概要

股関節は、ボール状の大腿骨骨頭と、骨盤側でそのボールの受け皿の役割を果たすお椀型の寛骨臼が組み合わさって構成されています。変形性股関節症は、加齢によって軟骨がすり減ったり、生まれつき股関節のかみ合わせが悪かったりして、この関節の組み合わせに不具合が生じる病気です。40~50歳以上の女性、日常的に重いものを持ち運ぶ作業をしている方によく見られます。
加齢や肥満、日常的に重いものを取り扱うなど原因となる元々の病気が明らかでないものを「一次性股関節症」といい、関節の形成に異常がある、ケガなど元々病気があり、そこから発症するものを二次性膝関節症といいます。日本では二次性股関節症が大半を占めます。

症状について

発症当初は、立ち上がり時や歩き始めに痛みを感じる程度ですが、進行するとその痛みが強くなり、正座ができない、しゃがめない、足の爪切りがしにくいなど日常生活に支障をきたすようになります。

検査について

X線(レントゲン)検査を行います。症状が進むと関節の隙間が狭くなるなど、より明らかな変化が見られます。必要に応じてMRI撮影なども行います。

治療

まず保存療法として生活指導、運動療法、装具療法、薬物療法などを行いますが、症状が良くならない場合は手術療法として骨切り術、寛骨臼形成術、人工股関節置換術などを行います。術式は、病気の進行状況やや年齢などを考慮して選択されます。

病気の予防

変形性膝関節症の発症を防ぐには、体重が増えすぎないようにコントロールしたり、重いものを持ち運ぶ際は注意したりすることが重要です。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP