あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

腰椎椎間板ヘルニア

病気の概要

腰椎椎間板は背骨をつなぐクッションの役目を果たしており、その椎間板の一部(髄核)が脊髄や神経根を圧迫して発症します。加齢、急に重い物を持ち上げる、中腰での作業、激しいスポーツなどでの腰への負荷がきっかけで発症することもあります。20~40歳代の男性によく見られます。また、悪い姿勢、喫煙が原因になることもあります。

症状について

腰やおしりが痛み、しびれや脚の脱力(力が入りにくい)などがみられます。背骨が横に曲がり(疼痛生側弯)、動きにくくなり重いものを持つと痛みが強くなることがあります。

検査について

X線(レントゲン)撮影、脊髄造影、CT撮影、MRI撮影などを行いますが、椎間板造影や神経根造影などの検査が必要となることがあります。

治療

保存療法を行います。痛みが強い際には安静を心がけ、コルセットを装着するなどします。また、消炎鎮痛剤を飲んだり神経ブロック注射を行ったりして痛みをやわらげます。腰を温めるのも効果的です。痛みが軽くなれば骨盤牽引(ひっぱる)を行ったり運動療法を行ったりすることもあります。これらの方法で症状が軽減しない場合や、下肢の脱力、排尿障害などがある際は、手術療法としてヘルニア摘出術(Love法、micro Love法)、内視鏡下椎間板切除術(MED)などを検討します。

病気の予防

中腰での作業や重たいものを持つなど、腰に負担がかかる動作を避けることが重要です。避けられない場合はコルセットなどで保護するのも効果的です。また、からだへの負担を減らすだけでなく負担に耐えられるからだ作りも大事です。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP