あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

腰部脊柱管狭窄症

病気の概要

  • 背骨の変形や椎間板の膨らみによって脊柱管(脳から延びている脊髄が通る空間)が狭くなり、神経が圧迫され血流が低下することで発症します。

症状について

足のしびれ、痛みのほかに、歩いていると足の力が入らなくなることもあります。また、トイレが近くなる、思うように排尿できない、便秘がひどいといった膀胱直腸障害も代表的な神経障害の症状です。前かがみになったり、座ったりすると症状が改善されるのが特徴です。

検査について

X線(レントゲン)撮影によってある程度の推測はできますが、より詳しく診断するにはMRIや脊髄造影などの検査が必要になります。脚の動脈が詰まって血行障害(下肢静脈瘤)が生じる際にも同様の症状となることがありますので、注意が必要です。

治療

神経周囲の血行を良くするお薬や疼痛を和らげるお薬を使います。リハビリテーションやコルセット、神経ブロック注射などで症状が改善することもあります。
神経障害が増悪して歩きにくいなど、日常生活に支障が出る場合は、手術療法(除圧術や固定術など)で神経の圧迫を取り除くケースもあります。

病気の予防

腰に負担をかける動作を避け、背骨を適度に動かすことが大切です。歩く姿勢や歩く時間、腰への負担など、足のしびれや痛みがひどくならない生活を見つけて上手にお付き合いすれば、歩けなくなる病気ではありません。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP