あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

逆流性食道炎

病気の概要

  • 逆流性食道炎とは、主に胃の中の酸が食道に逆流することで、食道が炎症を起こす病気のことです。胃の粘膜はこの酸の刺激に耐えられる構造をしていますが、食道は耐えられる構造になっていないため、胃の内容物が逆流してしまうと食道の粘膜がダメージを受けてしまいます。加齢による筋力低下、肥満や妊娠・衣類による締め付けなどで胃が圧迫されること、食べ過ぎや早食いなどが原因といわれています。また、喫煙やお酒の飲み過ぎ、食べ過ぎなど生活習慣の乱れも発症に関係していると考えられています。

症状について

胸やけや呑酸(酸っぱい液体がのどを上がってくる感じ)、食後の胸痛などが主な症状です。喉の違和感や慢性的な咳が持続する場合もあります。一方で、自覚症状がまったくなく、健康診断時の内視鏡検査などで偶然発見されるケースもあります。

検査について

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を行います。潰瘍やがんなど他の病気ではないことを確認する意味でも、検査を受けることが望ましいです。

治療

胃酸の分泌を抑える薬や、酸を中和したり刺激を弱めたりする薬などを服用する薬物療法が中心です。日常の生活習慣が原因となっていることも多いため、生活習慣の改善も重要です。

病気の予防

腹部の締め付けや前屈みの姿勢、体の右側を下にして寝るのは避けましょう。食後すぐに横になってしまうと胃酸の逆流が起こりやすいため、1時間ぐらいは座った姿勢を保ちましょう。また、食生活では、食べ過ぎや寝る直前の食事、高脂肪食、アルコール、コーヒーなどの刺激物などの食べ過ぎ・飲み過ぎには注意しましょう。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP