あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

大腸ポリープ

病気の概要

大腸ポリープとは、大腸の粘膜の一部がいぼのように盛り上がってできたもののことです。
大腸ポリープはその構造によって、“腫瘍性ポリープ”と“非腫瘍性ポリープ”に分けられます。
40歳以上の人に多く見られます。

  • 腫瘍性ポリープ
    腫瘍性ポリープには良性腫瘍(腺腫)と悪性腫瘍(がん)があります。
    良性腫瘍は大きくなるとがん化する可能性があるポリープのことで、悪性腫瘍とは大腸がんのことです。
  • 非腫瘍性ポリープ
    炎症性ポリープや過形成性ポリープ、過誤腫性ポリープなどがあります。
    これらのほとんどはがん化する可能性は少ないといわれています。

症状について

大腸ポリープの多くは無症状で、検診の便検査異常で指摘されることがほとんどです。
しかし、ポリープのできた位置や大きさによっては自覚症状が現れることがあります。
ポリープが肛門近くに発症した場合、血液のまじった便が出たり、便に粘液が付着したりする場合があります。
また、ポリープが肛門から外に出てきてしまったりすることがあります。

検査について

便潜血検査を行い、陽性の場合は精密検査として大腸内視鏡検査を実施します。
大腸ポリープが発見された場合、大きければ大きいほど癌の確率が高くなりますので、5mm以上のポリープは治療をお勧めします。小さくても癌の可能性はありますので、内視鏡で表面の構造を拡大し、癌かどうか判定することがあります。
なお、大腸がんの発症については遺伝的原因も少なくありませんので、血縁者にたくさんの大腸ポリープや大腸がんを診断された人がいる場合は、早めの検査をおすすめします。

治療

  • 主に内視鏡治療になります。内視鏡治療には、ポリープのくびれの部分にスネアと呼ばれる輪状の金属を引っかけて絞りポリープを切り取る“内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)”、ポリープの下の粘膜下組織に薬液を注入し、ポリープを盛り上がらせた後スネアを用いて切除する“内視鏡的粘膜切除術(EMR)”、ポリープの下の粘膜下組織に薬液を注入し、周りの粘膜を切開して少しずつ剥がしながら切除する“内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)”といわれるものがあります。
    これらの方法は大きさや形状によって判断します。

病気の予防

大腸ポリープは、食生活など生活習慣が関係しているといわれています。1日3食のバランスのとれた食事をとり、節酒、禁煙、適度な運動を心がけましょう。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP