コース一覧

コース名 研修内容
BLS
(Basic Life Support)
心肺停止時の蘇生法であり、特殊な器具や医療品を用いずに行う救命処置。胸骨圧迫と人工呼吸からなる心肺蘇生法、AEDの使用を学習。
ICLS
(Immediate Cardiac Life Support)
「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」の習得を目標。講義室での講義はほとんど行わず、実技実習が中心。
ACLS
(Advanced Cardiovascular Life Support)
気管挿管、薬剤投与の高度な心肺蘇生法を行うが、心停止時のみならず重症不整脈、急性冠症候群、急性虚血性脳卒中の初期治療までを学習。
JPTEC
(Japan Prehospital Trauma Evaluation and Care)
病院前救急医療の現場におけるロード&ゴーの概念を理解し、各段階で必要とされる観察・処置を見落としなく迅速にできるようにする。
JATEC
(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)
日本外傷学会・日本救急医学会が監修。医師を対象に「防ぎ得た外傷死」を回避するためのスキルを学ぶ二日間の外傷初期診療コース。
Emargo エマルゴトレーニングシステム®を用い、災害や多数傷病者発生時案への現場対応・搬送・病院内の受け入れを学ぶシミュレーションコース。
MCLS
(Mass Casualty Life Support)
日本集団災害医学会が中心となり開発した、多数傷病者発生時の初期対応を学ぶ。消防職員・警察職員・医療従事者など多彩な職種が対象。
PHTLS
(PreHospital Trauma Life Support)
外因性障害の患者の評価を順々に進め、患者の緊急度や病態を判断し、状態の安定を図りながら、適切な施設へ収容することを目的とする。
AMLS
(Advanced Medical Life Support)
病院前診療で遭遇する内因性障害の患者の評価を順々に進め、緊急度や病態を判断し、状態の安定を図りながら適切な施設へ収容することを目的とする。
PEARS
(Pediatric Emergency Assessment,Recognition,and Stabilization)
心停止に至る危険な徴候に気づき、アセスメントし、重症化を防ぐ安定化を学ぶ。小児をテーマとし、心停止と呼吸障害・ショックなどの危機的状況の認識を行う。