米盛病院『スポーツファーマシスト相談ダイヤル』

米盛病院『スポーツファーマシスト相談ダイヤル』

薬に関する専門的な知識を有するスポーツファーマシストが、ドーピングの規則を把握した上で、競技者個々の症状に対応した使用可能薬の情報を提供します。
競技者だけでなく指導者の方など、ドーピングに関するご相談がございましたら、当院のスポーツファーマシストまでご連絡ください。

スポーツファーマシスト相談ダイヤル 099-230-0100(米盛病院代表電話)
※電話に出た者にスポーツファーマシストへのご相談の旨をお伝えください。
受付時間 月曜~金曜 9:00~17:00 (祝祭日除く)
ご対象の方 ドーピング検査を受けられる競技者(プロ・アマ問わず)やその指導者 など

スポーツファーマシストとは?

スポーツファーマシストロゴ
日本アンチドーピング機構(JADA)が定める所定の課程を修めた薬剤師です。最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持ち、競技者を含めたスポーツ愛好家などに対し、薬の正しい使い方の指導や薬に関する健康教育などを行います。

スポーツとドーピング

スポーツ競技においてドーピングは、競技者の身体に悪影響を与えるのみならず、スポーツ固有の価値を否定・崩壊させるもので、「スポーツ精神」に反する行為となります。
ドーピング検査は、プロスポーツや国際大会だけでなく、国民体育大会でも実施されています。

日本のドーピング違反について

近年、日本で発生しているドーピングの例として、「うっかりドーピング」があります。
ドーピング禁止物質は、病院で処方される医薬品以外にも、街の薬局やドラッグストアで購入できる市販薬や健康食品、サプリメントなどにも含まれている事があります。競技者の知識不足・不注意によりそれらを摂取してしまうことをうっかりドーピングと言います。