Q&A

救急病棟 主任 C.Kさん
国立名古屋病院附属看護助産学校/ 2019年中途入職

スタッフの育成をするうえで意識していることを教えてください。

得意なことを伸ばし、苦手なことは「克服したい」と思えるような“勉強力”の育成や環境づくりを心がけています。スタッフの看護観を大切にしながら、良いところは認め合い、必要なことは指摘し合い、患者様のために話し合いができるチーム・自ら気づき、勉強し、行動できるチームを目指しています。

主任としてのやりがいや意識していることを教えてください。

“「その人らしく病気と向き合う」「その人らしく生きる」ためにできる看護は何か”を皆で考え、安全に看護を提供する環境をつくることや、スタッフが生き生きと仕事をしている姿を見ることがやりがいです。また、見えないところでの細やかな仕事ぶりに気づけるように、常にアンテナを張り、視野を広げることを意識しています。

米盛病院の魅力・自慢できるところについて教えてください。

「一秒を救う。一生につなぐ。」ため、民間医療用ヘリやドクターカーで現場に駆けつけ、迅速かつ適切な初期治療を行っているところや、整形外科の手術件数が全国でトップクラスであり、さまざまな需要に応えられるところです。また、院内の落ち着いた雰囲気や桜島が一望できる環境は、患者様の安心感につながると思います。

ICU Y.Nさん
大分県立看護科学大学/ 2016年中途入職

職場環境はどうですか。

当院は院内に保育所があったり、時短勤務ができたり、子どもの急な発熱のときに休めたりと、福利厚生がしっかりしているため、ライフステージが変わっても安心して働ける職場だと思います。

仕事と家事・育児の両立はできていますか。

現在、院内の保育所に子どもを預け、時短勤務をしています。ICUは緊急を要する処置が多く、忙しい現場ですが、終業時間になると周りのスタッフが「帰って、帰って」と声を掛けてくれるので、仕事と家事・育児の両立ができています。

HCU Y.Sさん
鹿児島医療福祉専門学校/ 2007年新卒入職

現在、どのような仕事をしていますか。

現在はHCUに所属しています。以前はERに所属していたため、主に民間医療用ヘリやドクターカーでのプレホスピタル活動や、病院へ搬送された患者様の初期治療に携わっていましたが、現在は主に初期治療後の脳神経外科の専門治療と急性期における全身管理を学びながら、ヘリ当番の日はフライトナースとしても勤務しています。

フライトナースとして、気をつけていることや努力していることを教えてください。

ヘリは1日4、5回飛ぶこともあるので、日頃から体調管理には気を遣っています。ヘリ内の医療スタッフは医師とフライトナースだけです。現場でフォローしてくれる先輩はいませんので、振り返りと練習を繰り返しながら前回よりもより良い看護が提供できるよう、努力しています。

現場で大切なことを教えてください。

現場では、医師との連携が非常に大切になります。医師と同じ目線に立って考えることで、最適なケアができるよう、普段から医師と積極的にコミュニケーションを取るようにしています。また、疾患の処置だけでなく、全体を見るバランスの良さも必要です。

人工関節病棟 H.Kさん
福岡県立大学/ 2020年中途入職

整形病棟で働く魅力を教えてください。

外科的な処置から精神的なケアまで関われるところです。
また、手術・リハビリを頑張り、回復していく患者様の姿を一番近くで見守ることができることも魅力です。

米盛病院の魅力、自慢できるところについて教えてください。

整形外科における症例数は鹿児島県内でもトップクラスであり、多くの症例を経験できるため、確実に自分の成長につながると思います。忙しいときはどうしても自分のことだけでいっぱい、いっぱいになりがちですが、忙しいなかでもスタッフ全員が協力しようという意識が高く、全員で看護しているという実感を得ることができます。また、病院自体も新しく、綺麗な環境で仕事をすることができます。

手術室 A.Rさん
西南女学院大学/ 2020年新卒入職

手術室の看護師について教えてください。

手術室の看護師は、手術で使用する資材・器械の準備、執刀医とのオペレーション確認、器械出しなどを行う直接看護師と、患者様の情報収集や術前訪問、麻酔導入の介助、術中の患者様の全身状態の把握、インアウトのカウントなどを行う間接看護師に分かれています。

業務を行うなかで、苦労したことなどはありますか。

手術の内容や執刀医によって手術手法やアプローチ方法、使用する特殊器械が違うため、最初は覚えることに苦労しました。しかし、分からないことは先輩に聞いたり、手術マニュアルを反復して覚えたりすることで、克服することができました。

米盛病院の手術室の特徴・魅力を教えてください。

年間約3,800件の手術実績があり、件数は年々増加しています。特に、整形外科の手術件数は九州でもトップクラスです。また、整形外科以外では心臓血管外科や脳神経外科などの手術件数も増加しており、さまざまな症例を経験できるところが当院の手術室の魅力です。

回復期病棟 S.Yさん
鹿児島医療福祉専門学校/ 2016年新卒入職

患者様のケアで工夫していることを教えてください。

リハビリスタッフやソーシャルワーカーなどとカンファレンスを重ねるほか、患者様の趣味をリハビリに取り入れるなど、お一人おひとりに合った支援と前向きにリハビリに取り組める環境づくりを行っています。

喜びを感じる瞬間を教えてください。

退院した患者様が来院時に声を掛けてくださったり、街でバッタリお会いして言葉を交わしたりする時に喜びを感じます。そのような喜びを心に刻みながら、患者様にもスタッフにも頼りにされる看護師になれるよう、しっかりと経験を積んでいきたいです。

外来 D.Fさん
中国・大連市衛生学校/ 2018年中途入職

米盛病院に入職を決めたきっかけを教えてください。

当院が外国人患者受入医療機関認証病院であり、毎年多くの中国人の患者様が受診されているということ知ったことがきっかけです。通訳の場面で役に立つことができるのではと思い、入職を決めました。

貢献できている・役立っていると感じる瞬間を教えてください。

やはり中国人の患者様が受診される時です。中国語で診療内容について説明をすることで、より安心して治療を受けていただくことができていると実感しています。特に、患者様から感謝のお手紙をいただいた時はとても嬉しく感じました。

更新:2021年10月
インターンシップ・見学会インターンシップ・見学会 資料請求・施設見学資料請求・施設見学 説明会説明会