まわりの人たちの幸せな笑顔のために。米盛病院WEBマガジン SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

2024.01.22(最終更新日:2024.03.06) 漢方専門医と理学療法士が考案するカラダ改善録

~ヨガストレッチ下半身Ver.2~セルフケアで不調を減らそう!

下半身の筋肉をゆるめ、めぐりを良くすることに焦点を当てたヨガストレッチをご紹介! 1ポーズを数分かけて丁寧に行うことで、凝り固まった下半身の大きな筋肉にアプローチしやすくなります。

  • 本プログラムは、健康増進を目的としています。治療中の方や症状がある方はお控えください。
  • 痛みがある方は無理に行わず、かかりつけ医療機関の受診をおすすめいたします。

 

内科医 漢方専門医
ヨガ講師(RYT200)
りん先生

日本の漢方診療では「腹診」という診察方法が良く用いられます。腹部には様々な体質を反映する所見が現れるとされており、その中には、筋肉の過緊張を反映しているものもあります。

漢方治療で身体の内側から緊張をほぐすと同時に、効率的に身体を動かして筋肉を緩めることで、相乗効果が期待できます。

 

 

1.ダウンドッグ+足踏み

 

2.コブラのポーズ

 

3.カメのポーズ

 

監修

内科医 漢方専門医
ヨガ講師(RYT200)
りん先生

 

 

理学療法士
認定理学療法士(スポーツ)
田中 佑一

 

 関連記事

関連記事