SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

2020.04.08 ご近所!いい店うまい店

与次郎のご近所いい店うまい店 vol.10「そば処そば茶屋 吹上庵 本店」

大きな水車とかやぶき屋根の古民家で一息 そば処そば茶屋 吹上庵 本店

与次郎の人気店「そば茶屋 吹上庵 本店」さんのランチタイムに人気のメニューをご紹介します。

 

当日の朝挽き立て・打ち立て 薩摩そばを特製そばつゆで

 そば茶屋 吹上庵さんは昭和52(1977)年に吹上の地で創業。その6 年後に与次郎で「そば茶屋 吹上庵 本店」さんが開業した。
 ランチタイムの人気メニューの一つが「天ぷら板そば」(970円)。そばは、山芋を練り込んだ「薩摩そば」。つゆにくぐらせ、一気にすすると、そばと山芋のうま味が口いっぱいに広がり、香りが鼻から抜ける。そばは、吹上庵全体でその日に提供する分だけが工場で作られ、各店舗に即日配送される。そのため鮮度が高く、豊かな風味を存分に感じることができるのだ。
 熟成させた「本返し」とだしを配合した特製そばつゆは、天ぷらともとても相性が良い。サクッとした衣に包まれたエビなど瑞々しい食材は、そばとともにするすると胃袋に収まる。量が少なめの「小板」(870 円)があるのも嬉しい。

そばだけじゃない!外せない逸品も

 さっぱりしたものが食べたい時、幅広い年齢層に人気なのが「麦とろ定食」(860 円)。山芋のとろろにまぶしたのりの磯の風味が少し甘めの味付けのアクセントとなっており、麦ごはんとよく合う。
 そのほか意外な人気メニューは「カレーライス」(430 円)。ブイヨンから作る昔ながらのオリジナルの味は、一度に2皿注文する人もいるほどだ。

 

大根の一夜漬けは各店手作り

取締役 日本そば事業部部長の郷原芳和さん(写真左)、西地区統括本店店長の岩元直志さん(同右)

 食べ放題の大根の一夜漬けは、毎日味付けを調整して仕込む手作り。お客様においしい料理を堪能してほしいというまごころが随所に感じられる、温かなおもてなしのお店だ。

 

そば処そば茶屋 吹上庵 本店

 

[住]鹿児島市与次郎1-12
[☎]099-252-3331
[営] 10:30 ~ 21:00
[休] なし(年始を除く)
[P] あり

(※金額はすべて税込み価格)

関連記事