Red Wing/Dr. car/DMAT car/Dr. bike

離島を含む、広い南九州エリアに対応するために。そして、一秒でも早く、直接診療を行うために。民間医療ヘリ、ドクターカーなどの機動力を発揮し、救命率の向上に努めます。

民間医療ヘリ 「Red Wing」

ドクターヘリ
2014年現在、日本の医療用ヘリの中で、最も速く、最も遠くに行けるRed Wing。民間機ならではの行政区域に縛られない運航が可能になり、北は福岡、南はトカラ列島まで駆けつけることができます。他の病院や自治体ヘリとの連携をとりながら、「病院前救護」体制の充実を図ります。

 

2014年9 月 11 日、鹿児島県と社会医療法人緑泉会は「鹿児島県ドクターヘリ補完ヘリの救急患者搬送に関する協定」を締結し、10 月 1 日より、鹿児島県ドクターヘリが重複要請事案時・多数傷病者事案時等の際、当院の民間医療ヘリ「レッドウイング」が、消防要請により正式なドクターヘリとして補完活動をいたします。
鹿児島県行政・鹿児島県医師会をはじめ、消防関係並びに関係医療機関の皆様のご理解とご協力をいただき、今回協定を結ぶことができました。心新たに、県民の皆様の公器となるべく医療活動に精進致します。
何卒、皆様のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

ドクターカー

ドクターカー
2012年7月の導入以降、年々要請件数が増えるドクターカー。現場にて、医師と看護師が迅速な初期治療に当たります。

 

2014年10月1日よりドクターカーを24時間運行することになりました。
24 時間運行により深夜の重症傷病者等にも、迅速に医師看護師が現場に出向き初期治療に当たります。
更なる患者の救命率の向上、後遺症の軽減を目指します。

DMAT カー

DMATカー

2016年熊本地震での経験を振り返り、より早く・より安全な現地活動指揮車として、2017年3月よりDMATカーを導入いたしました。
衛星・携帯・無線アンテナを備え、投光器・拡声機も装備。移動しながらでも円滑なEMIS入力を可能とする6名定員車両で、自家発電装置と様々な必要物資をカーゴに常備している『走るDMAT指揮車』です。

ドクターバイク

ドクターバイク
車が入れない救急現場や災害時、さらにはマラソン大会での併走など、さまざまなシーンでの活躍が期待できます。