まわりの人たちの幸せな笑顔のために。米盛病院WEBマガジン SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

2022.07.21(最終更新日:2022.09.05) りん先生の食養生&薬膳レシピ

りん先生の食養生&薬膳レシピ | Vol.2 甘酒入りみそ汁

米盛病院 内科医 りん先生が、簡単で美味しい食養生&薬膳レシピをご紹介します。
ぜひお試しください♪

薬膳とは…?

今の体調や季節に応じて、それぞれの食材が持つ特性や効能を生かし、バランスよく選び組み合わせる食事のことです。
私たちの体は、毎日食べるもので作られています。病気を予防し、健康的な日々を過ごすために、まずは自分の体と向き合い、『今、何を食べるべきか』を考えながら日々の食事を整えていきましょう。

 

米盛病院 内科医 りん先生

『食養生(=食事によって体調を整え、体質改善をすること)』の観点から、食事指導も行っています。

些細なことでも、お悩みの症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

甘酒入りみそ汁

こんなときにおすすめ!:胃の調子が悪い・食欲がわかない

 

胃腸機能改善や疲労回復などが期待できる「甘酒」。

暑さで食欲がわかない時の栄養補給や食べ過ぎた後の置き換え食、食欲にムラがあるお子様の食欲増進など、様々な場面でお役立ていただけるレシピです。

材料(2-3人分)

栄養MEMO① (1人分)

  • エネルギー 50kcal
  • 糖質 10.1g
  • 塩分 1.1g

 

材料 分量
米麹甘酒 50cc(※1)
味噌 大さじ1
顆粒だし 小さじ1(※2) 
500cc
小松菜 1-2株
にんじん 1/2本
玉ねぎ 1/2玉
1:砂糖不使用のもの
2:できれば無添加のもの

作り方(調理時間:約15分)

  1.  小松菜はざく切り、玉ねぎはスライス、にんじんは細切りにする。
  2. 鍋に水、顆粒だし、小松菜の茎の部分、にんじんを入れて火にかける。
  3. 残りの野菜を入れる。野菜に火が通ったら、火を弱めて味噌を溶き入れ、仕上げに甘酒を入れる。

 

米盛病院 広報課スタッフのごちそうさまコメント

みそ汁に甘酒が入ることで、ほっこりと優しい味わいになり、驚きました!胃腸機能の改善が期待されるのも嬉しいです。りん先生のおすすめは、「米麹甘酒(砂糖不使用)」とのこと。いつものみそ汁にぜひ加えてみてください♪

 

【米盛病院 栄養課 監修】栄養MEMO② “米麹甘酒”

栄養豊富な食材で、消化吸収のよいブドウ糖や、ブドウ糖をエネルギーに変えるビタミンB群、臓器や筋肉を作るアミノ酸、体の中を掃除する食物繊維などを含み、「飲む点滴」とも言われています。

 

関連記事

関連記事