まわりの人たちの幸せな笑顔のために。米盛病院WEBマガジン SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

2022.04.28(最終更新日:2022.07.04) イベントレポート

りん先生の5分で学ぶ漢方と薬膳のお話 簡単!体質チェック

漢方診療では、患者さんの体質(=証)を見極めるために、いくつかの指標を用います。 当記事では、その中でも代表的な『寒・熱』、『気・血・水』について、簡単なセルフチェック項目と対処法をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

寒証・熱証

体が冷えているのか(=寒証)、熱がこもっているのか(=熱証)をチェックしていきましょう!

寒証






熱証







アドバイス

寒証の項目が多い方:体を温める作用のあるお薬を選択することが多いです。

普段の生活でも、冷たいものの食べ過ぎや薄着は控え、夜には入浴で体を温めましょう。

【おすすめ食材】 体を温める作用のある、生姜やネギ、胡椒、シナモンなどの“陽の食材”

熱証の項目が多い方:体を冷やす作用のあるお薬を選択することが多いです。

普段の生活でも、辛みや甘みのある食材を控えましょう。

【おすすめ食材】 からだを冷やす作用のある、きゅうり、バナナ、大根、トマトなどの“陰の食材“

 

気・血・水

気・血・水のどこが不足しているか、もしくは滞っているかを知ることで、不調の原因をさらに探っていきます。
漢方では、気・血・水のバランスが悪くなることで、体に様々な不調が起こると考えられています。

気(き)・・・目には見えない生命エネルギーのこと。自律神経の働きに近い

気虚 気が足りなくなる








アドバイス

気虚の項目が多い方:普段からなるべく無理はせず、休息をしっかりとるようにしましょう。

【おすすめ食材】 気を補う働きがある、なつめ、こうらいにんじん、雑穀、とうもろこし、かぼちゃ、芋類、椎茸、りんご、うなぎ、まぐろ、えび、鶏肉、牛肉など

 

気滞 気のめぐりが悪くなる








アドバイス

気滞の項目が多い方:ストレスをためず、リラックスできる時間を作ることを心がけましょう。

【おすすめ食材】 気を巡らせる働きがある、ハーブや香味野菜、小松菜、春菊、セロリ、生姜、にら、菊花、みかん、ゆず、ミント、ジャスミン茶など

 

血(けつ)・・・全身を巡って栄養を与える赤い液体。血液の働きに近い

血虚 血が足りなくなる








アドバイス

血虚の項目が多い方:規則正しい生活や栄養のある食事を心がけましょう。

【おすすめ食材】 血を補う働きがある、なつめ、黒米、黒ごま、黒きくらげ、クコの実、松の実、落花生、くるみ、ひじき、羊肉、牡蠣など

 

瘀血 血のめぐりが悪くなる








アドバイス

瘀血の項目が多い方:ストレッチなどでこまめに体を動かしましょう。

【おすすめ食材】 血を巡らせる働きがある、黒きくらげ、唐辛子、黒豆、さんざし、ニンニク、らっきょう、酢、黒糖など

 

水(すい)・・・水分代謝や免疫機能に関わる透明な液体。血液以外の体液全般に相当

陰虚 血虚がさらに進み、水が不足する








アドバイス

陰虚の項目が多い方:汗のかきすぎに注意し、こまめな水分補給を心がけましょう。

【おすすめ食材】 体を潤す働きがある、山芋やオクラなどのネバネバ食材、白キクラゲ、ゆり根、梨、びわ、アーモンドなど

 

水滞 水のめぐりが悪くなる








アドバイス

水滞の項目が多い方:冷たい飲み物の摂りすぎに注意し、常温か温かいもので水分補給をしましょう。

【おすすめ食材】 水を巡らせる働きがある、ハトムギ、小豆、黒豆、もやし、きゅうり、トマト、とうもろこしのヒゲ、海藻、烏龍茶、プーアール茶など

 

米盛病院 内科医 りん先生

いかがだったでしょうか?
実際の漢方診療では、ここでご紹介したもの以外にもいくつかの指標があり、漢方独自の診察所見と併せて総合的に判断し、治療を行なっていきます。

もし何かお困りの症状があり、漢方診療にご興味がありましたら、米盛病院へお気軽にご相談ください。

米盛病院 総合診療科 外来予定表

関連記事