SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

SmaHapi(スマハピ)まわりの人たちの笑顔のために。緑泉会Webマガジン。

2020.06.24 医療のお話

今年の夏はマスクと上手に付き合おう!(前編)~熱中症予防~

監修:米盛病院 副院長 冨岡譲二 (専門分野)救急医療全般
日本救急医学会専門医/指導医/評議員
・日本臨床救急医学会理事 他

新型コロナウイルス感染症に対する「新しい生活様式」が公表され、引き続きマスクの着用が推奨されています。
気温や湿度が上がるこれからの季節。
マスク着用による熱中症のリスクが懸念されています。
熱中症は治療よりも予防が重要!!
メカニズムや危険性を知り、適切な対策を心がけましょう。

 

熱中症とは? 

 暑さが原因で起こるからだの不調の総称です。梅雨明けや気温が急激に高くなった日、風のない蒸し暑い日、熱帯夜の翌日などに起きやすく、体調不良(睡眠不足・風邪・下痢など)も熱中症リスクを高めます。

 

症状は、重症度によって3段階に分けられます。

Ⅰ度・・・(多量の発汗で水分と塩分が失われることによる)立ちくらみ・めまい・痙攣
Ⅱ度・・・(大量の発汗が続くことによる)頭痛・吐き気・倦怠感
Ⅲ度・・・(脳の体温調整機能が失われることによる)意識障害・体温の上昇・臓器不全。最悪の場合死に至ることもあります。

 

マスク着用による熱中症リスク

 通常、季節の移り変わりにあわせ、からだは気温の変化に少しずつ慣れていきます。しかし、今年は外出自粛で自宅で過ごすことが多く、からだが暑さに慣れていなかったり、運動不足で体力が低下していたりする状態で夏を迎えます。 また、マスクの着用により呼気からからだの熱を逃がしにくくなります。さらに、マスクをしていることで、水分補給の回数が減ってしまうことも懸念されます。

 

例年以上の「予防」が重要!

 

 熱中症についてしっかりと理解した上で、感染予防と熱中症対策を両立させることが大切。今年は、例年の熱中症対策にプラスして、「より一層注意が必要」という意識を持っておくことが重要です。
特に、小さいお子さんは体温調節が上手くできなかったり、高齢者はのどの渇きを感じにくかったりするため、体調により気を配りましょう。

 

今年の熱中症予防のポイント

  • こまめな水分補給を行う
  • 定期的に休憩をとる
    →周囲の環境や人との距離に配慮した上で、適宜マスクを外して休憩をとりましょう。
  • 室内の換気と温度調節を行う
    →新型コロナウイルス感染症対策のため、換気は重要です。一方で、室内温度が上がるリスクもあります。熱中症は室内でも発生するので、クーラーを有効的に活用しましょう。
  • 無理のない適度な運動で、少しずつ暑さにからだを慣らす
     →マスク着用時には、激しい運動や作業を避けましょう。
  • 熱中症に関する情報(例:環境省 熱中症予防情報サイト)を活用する

 

予防策をとっていても、様々な要因で熱中症を発症する場合もあります。
次回は、熱中症が疑われる場合の対処法についてご紹介します。

 

 

愛用のマスクを着用したり、暑さ対策グッズを活用したりして、予防のポイントを忘れずに、暑い夏を乗り切りましょう!!

 

関連する募集職種

https://www.yonemorihp.jp/recruitsite/job/doctor/

後編の記事へ≫

関連記事