あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

手根管症候群

病気の概要

  • てのひらの中心を通る神経を正中神経といい、手根管症候群は、手首にある手根管と呼ばれる管の中を通る正中神経が何らかの原因によって圧迫されることで生じます。
    特発性(原因が特定できない)というものが多いです。また、妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。
    そのほか、骨折などのケガ、仕事やスポーツなどでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

  • 出典:日本整形外科学会パンフレット

症状について

親指、人差し指、中指のてのひら側などにしびれや痛み、ピリピリ感といった感覚がでます。また、夜中や明け方に症状が強くなり、手を振ることで和らぐといった特徴もあります。症状が進行すると、親指の付け根の筋肉(母指球筋)がやせて力がなくなり、ボタンかけや裁縫などの細かい作業やOKサインができなくなります。

検査について

手首を打鍵器という機器でたたいて刺激するTinel(ティネル)テストや、手首を直角に曲げて手の甲を合わせて1分間そのままの状態で保ち、しびれや痛みの悪化があるか調べるPhalen(ファレン)テストなどを行って診断します。

出典:日本整形外科学会パンフレット

治療

  • 装具療法による手関節の固定や薬物療法によるステロイド局所注射を行います。症状がよくならない場合には手術療法として横手根靱帯(正中神経の上を通る靭帯)を切開し、神経の圧迫を取り除く手術(手根管開放術)を検討します。

  • 出典:日本整形外科学会パンフレット

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP