入院・面会

療養環境

療養環境

病棟の特徴

当院は主な疾患ごとに入院されるフロアを分けております。
同じ痛みをもつ方と関わることは入院生活において大切なことだと考えています。
患者さま同士でお話したり、励ましあったりすることで、安心した入院生活が送れるのではないでしょうか。

また、東棟4・6・7・8階と西棟6階にリハビリテーション室があり、大きくフロアを移動せずにリハビリを行うことが可能です。東棟4階には屋外庭園「そらにわ」があり、屋外を散歩している気分で歩行訓練を行うことができます。

東棟8F 救急病棟

救急患者さまの緊急入院を受け入れています。東棟4階・5階の救急病棟と連携しながら患者さまの受け入れを行っています。

東棟7F 人工関節病棟

主に関節疾患の患者さまを受け入れています。変形性関節症(股・膝)や、膝の靱帯損傷、大腿骨頸部骨折など、手術を目的とされる患者さまが多く入院されています。

東棟6F 脊椎・脊髄病棟

主に脊椎・脊髄疾患の患者さまを受け入れています。
事故による受傷、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症などの、脊椎・脊髄に疾患がある患者さまが中心に入院されています。

東棟4・5F HCU

HCUは、High Care Unitの略称であり“高度治療室”といいます。
主に救急外来に来られた重症患者さまや、 ICU(集中治療室)で治療を受け全身状態が落ち着いてきた患者さま、手術を受けられた患者さまの術後管理などを行っています。

東棟4・5F 救急病棟

外傷等を伴う消化器系の症状により、緊急入院を余儀なくされる方、脳神経外科・循環器内科・血管外科・心臓血管外科で手術を受けられた方などが多く入院されます。

東棟2F ICU

ICU(集中治療室)は、侵襲(ダメージ)の高い整形外科の術後患者さまや、各診療科の重症度が高く集中治療が必要な患者さまが入室します。人工呼吸器、透析、脳低体温療法、補助循環装置などの様々な医療器機を使用しています。
全室個室になっており、ご面会の方は専用の入口から入室することで、他の方と接することなく患者さまと面会することができます。

西棟2-5F 回復期病棟

西棟は、回復期200床からなる回復期リハビリテーション病棟です。
回復期リハビリテーション病棟とは、命の危険を脱するための急性期の治療を終え、自宅や社会に戻ってからの生活を少しでも元に近い状態に近づけるためのリハビリテーションを専門に行う病棟です。朝起きたときからリハビリが始まり、訓練室での訓練に加えて食事・排泄・入浴など入院生活のすべてがリハビリとなります。

  • 病室
  • リハビリテーション室
  • そらにわ
  • ラウンジ
  • 浴室
  • ロビー
  • ファミリーマート
    7:00~21:00
  • シアトルズベストコーヒー
    8:00~19:00
TOP