あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

脊髄損傷

病気の概要

交通事故や転落などにより大きな衝撃が起き、脊髄(脳から延びる中枢神経)を損傷(ケガ)することをいいます。頸椎(首の骨)では、転倒などによる小さな衝撃でも生じることもあります。脊椎の損傷(背骨の骨折や脱臼)がない脊髄損傷を非骨傷性脊髄損傷といいます。

症状について

脊髄損傷には、完全型と不完全型があります。完全型とは損傷した部位から下の部分がまったく動かず、感覚もなくなる状態のことをいいます。不完全型は、損傷の状態や部位により、手足の運動や感覚に障害が残る可能性があるものをいいます。

検査について

X線(レントゲン)やMRI撮影で脊椎や脊髄の損傷部位を調べます。

治療

初期治療として手術療法や装具を用いた整復・固定などを行いますが、脊髄は損傷すると修復・再生することが少ないため、麻痺が残った場合には、日常生活でできることを増やすために治療やリハビリテーションを行う必要があります。

病気の予防

交通事故や労働災害、スキーやスノーボードといったスポーツのケガに対して注意を心がけることはもちろん、高齢者の方は転倒を避けるために運動機能を上げておくことが重要です。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP