あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

脊柱側弯症

病気の概要

脊柱(背骨)が左右の方向に弓形に曲がる病気のことで、思春期の女性によく見られます。多くの方は無症状ですが、進行すると見てわかるほどからだの左右が非対称になります。(左右の肩やウエストラインの高さ、肩甲骨が突き出るなど)。特に胸椎の変形が進行すると、肺が圧迫され呼吸が弱くなり、十分な空気を吸い込むことが困難になるといった症状(呼吸機能障害)がでることがあります。

症状について

症状は多くの場合、体の左右が非対称になるのみですが、進行すると腰痛、背中の痛み、神経症状、呼吸機能障害を生じます。

検査について

神経学的検査やMRI検査を行います。脊柱(背骨)全体のX線(レントゲン)写真から椎骨や肋骨に異常がないかどうかも同時に調べます。

治療

原因や状態、年齢により治療内容は異なりますが、まずは装具療法を行います。体操療法や薬物療法を併用することもあります。手術療法としては矯正術を行うことがあります。

病気の予防

姿勢をまっすぐに保つ、重いものは持たない、荷物はできるだけ両手に均等に持つようにするといったことを日常生活で注意する必要があります。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP