あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

脊椎圧迫骨折(椎体圧迫骨折)

病気の概要

脊椎に力が加わることによって押しつぶされたように変形する骨折です。中高年や骨粗鬆症の方によく見られます。米や布団など重たいものを持ったりした時や、草むしりなどの作業を長時間行っても生じることがあります。中には痛みを感じずいつの間にか骨折していたという人もいます。

症状について

からだを動かした時や寝返り・起き上がり時、尻もちをついた時に腰や背中に強い痛みが出たり、からだを動かすことが困難になったりします。痛みは骨盤(腰~お尻あたりの骨の集まり)付近の腰部に起こります。

検査について

X線(レントゲン)検査を行い、骨折の度合いを確認します。骨折の度合いがはっきりとしない場合はMRI撮影を行います。

治療

治療の第一選択は保存療法として装具固定、ギプス固定などが行われます。骨折の度合いが大きい場合は、手術療法として固定術、椎体形成術などを行います。術後はリハビリテーションとあわせてからだの筋力を鍛えることも大切です。特に背筋を中心に腹筋も鍛えると効果的です。

病気の予防

多くの場合、骨粗鬆症によって骨がもろくなることによって起こるため、予防については適切な栄養(ビタミンD、カルシウム等)の摂取や適度な運動、禁煙など生活習慣の改善が重要です。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP