あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

肘内障

病気の概要

主に親が子どもの腕を引っ張った際に、子どもの肘の関節が亜脱臼を起こす、いわゆる「ひじが抜けた」状態のことをいいます。特に1歳から3歳の幼児期にもっとも多く起こります。

症状について

子どもは突然泣き出し、亜脱臼を起こした方の腕を使おうとしなくなります。腕はだらりと垂れ、内側を向いたようになります。

検査について

X線(レントゲン)検査で骨や関節に異常がないかどうかを確認します。

治療

徒手整復(手で骨のずれを戻す)を行います。通常固定は不要で、整復後から痛みは消えます。完全に整復されると、すぐに肘を曲げたり手を使ったりするようになります。5歳以上になってくると靭帯がしっかりしてきて再発はあまり起こりませんが、治った以降もあまり手を強く引っ張らないように注意しましょう。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP