診療科案内

リハビリテーション科

リハビリテーション科

当院のリハビリテーション科は、病院のコンセプトである「一秒を救う。一生につなぐ。」の「一生につなぐ。」を担い、病気やケガによって生じた障害を有する患者さまに対して、リハビリテーション医療を行う診療科です。多様な疾患に対して、他の診療科の医師と連携してリハビリテーション診療を行い、看護師や約200名在籍するリハビリテーション専門職と協働して積極的なリハビリテーションを提供しています。
特に当院の回復期リハビリテーション病棟は4病棟200床を有していますが、各病棟に医師を配置し、退院後の生活を想定したリハビリテーションに努め、患者さまの安心・安全な早期社会復帰へと繋げていきます。
退院後は隣接する与次郎米盛クリニックや他の医療機関、介護事業所などと連携して、退院後のリハビリテーションも支援しています。
※米盛病院では、リハビリテーション科の外来診療は行っておりません。

対象疾患(回復期リハビリテーション病棟対象疾患)

   対象疾患 入院期間 
1脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、
多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要
する状態
150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷180日
2大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後90日
3外科手術又は肺炎などの治癒時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後90日
4大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後60日
5股関節又は膝関節の置換術後の状態90日
TOP