あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

頚椎椎間板ヘルニア

病気の概要

頸椎椎間板は背骨をつなぐクッションの役目をしていますが、その椎間板の一部(髄核)が脊髄や神経根を圧迫して発症します。主な原因は、加齢や喫煙、遺伝などによるものが多く、30~50歳代の男性によく見られます。姿勢の悪さやスポーツなどが誘因になる可能性もあります。

症状について

首や肩甲骨、腕に痛みやしびれを感じたり、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。また、足のもつれや歩行障害などがみられることもあります。

検査について

X線(レントゲン)撮影、脊髄造影、CT撮影、MRI撮影などを行います。

治療

保存療法を行います。痛みが強い場合は頚部カラー固定など首を安静に保つことを心がけます。また、消炎鎮痛剤の服用や神経ブロック注射などで痛みをやわらげます。これらの方法で症状が軽減しない場合や、上肢の筋力低下が改善しない場合は、手術療法として前方除圧固定術などを検討します。

病気の予防

まず、姿勢を改善することが重要です。猫背などの状態では頚椎に大きな負担がかかります。加えて、首に過度な負担や衝撃を与えることを避けるのも大事です。そして、首への負担を減らすだけでなく、負担に耐えられるからだ作りを行うことも大切です。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP