あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~ 体が痛い、調子が悪い...そんなときに病院に行ってよいのか、どの科を受信したら良いかわからない、などの不安はありませんか?米盛病院の医師がそんな不安に役立つように疾患についてお答えしています。受診の際にお役立てください。 あんべがわるい時に ~ケガ・病気ガイド~

変形性脊椎症

病気の概要

椎間板(背骨の骨と骨の間にあるクッションのような役割)が加齢により脊椎が変形する病気です。軽いものは無症状な場合も多く、病気とはいえないこともあります。変形が進行すると背骨の骨と骨の間が狭くなり慢性的(長い間続く)な痛みが生じることがあります。頸椎や腰椎によく見られます。

症状について

首の回りの慢性的な痛みや関節が動く範囲が狭くなることがあります。また、肩こりや腰痛がみられることがあります。無症状な場合が多いのですが、変形が進むと脊柱管狭窄症(背骨の中を通る神経の通り道が狭くなる病気)となって症状があらわれることがあります。肩甲骨(背中側の肩付近の骨)周辺に痛みが生じたり、手足にしびれが生じたりします。ひどくなると排尿や排便に異常が出たり、ボタンかけが難しくなったりします。

検査について

X線(レントゲン)検査を行うことで診断します。痛みの症状が強い時にはMRI検査を行うことがあります。

治療

保存療法が中心となります。保存療法でしびれや力が入らないなど神経症状の改善がみられない場合は、手術療法(圧迫された神経の除圧術)を行います。

病気の予防

加齢による病気で誰にでも生じる可能性があるため、予防によって防げるものではありませんが、日常生活から正しい姿勢を心がける、重いものを繰り返し持ち上げる運動や首に大きな負担がかかる運動は避けましょう。

お腹や頭が痛い、急なケガ、病院に行ったほうが
良いか迷ったときなどお電話ください。
24 時間救急相談ダイヤル
TOP